田舎者だって旅に出たい(道東旅行記も兼ねて)

農家の生活あるある
09 /11 2017
こんにちは、福原です。

さて、このブログ。3日にいっぺんは更新すると自身に課してるのですが、今回は5日も空いてしまいました。昨日まで旅行に行っていたので、お休みさせてもらっていたんです。

IMG_3217

旅行の行先は、私が若い頃から行ってみたいと思っていた道東。大まかなルートはと言うと、釧路空港に降り立って→釧路湿原→阿寒湖・摩周湖→知床半島→女満別空港より帰還。。。という3泊4日の旅でした(旅行中の写真が続きます。今回、文章と写真は特にリンクしておりません。。。)。

DSC_7393

農園に嫁ぐことになってから、我々夫婦の考えで、結婚式と披露宴はもちろん、お披露目パーティーや記念写真でさえセレモニー的なことは何一つしませんでしたが、周りの人の勧めもあって、この度初めて二人で遠出してみることにしました。

IMG_3044

独身時代、殺人的に忙しい職場にいた頃は、旅行を計画して実行に移すのもけっこう大変でしたが、一方で何か楽しい予定がないと日々を頑張れないということもあり、たまには近場の温泉やハイキングに出かけました。その度に、仕事のストレスや都会の喧騒から解き放たれて「田舎はいいわ~」と思ったものです。

IMG_3038

都会では見ることのできない深い緑が続く風景、排気ガスの濁りを感じない澄んだ空気。川のせせらぎや木漏れ日、鳥や虫の声は、時間の流れをゆっくりにしてくれました。

DSC_7441

現地の人との血の通ったやりとりは、普段の生活のギスギス感を取り除いてくれる気がしました。どれもお金を出して、移動時間もかけたからこそ手に入れることのできた非日常でした。

IMG_3065

(蛇行した釧路川をカヌーで下った後、上から眺める)

しかーし、富浦に引っ越してきてからと言うもの、毎日山で仕事をしているからか、はたまたストレスのあまりない暮らしをさせてもらっているからか、何となく旅行に行きたいという気持ちが薄れているような。。。どっか自然の中に行きたいな → いや、ここにもあるじゃん、目の前に。お金をかけなくてもさ となります。

IMG_3127

都会暮らしの人と田舎暮らしの人では、年間の平均旅行回数がもしかしたらずいぶん違ってたりして。。。そういうわけで、今回の旅は私にとって、今後の人生でも旅行を趣味として楽しんでいけるのかどうか を検証するというテーマもあったのでした。

IMG_3069

(オンネトーブルー)

旅行の最初のほうは、房州だって海も山もあるし、房州ならではの美味しいものもたくさんあるし、野生動物だってたくさんいるもんね~ という、訳の分からないライバル心がありました(なんでだよ!)。

IMG_3089

まぁ、でも旅が進んでいくうちにそのような変てこな考えは消えていき、足を運んだ先の魅力に素直にどっぷり浸かってしまいましたね。だって、とにかく北海道の景色はスケールが違います。そう、他とはサイズ感が別物。広大、壮大、雄大。

IMG_3099

(霧で有名な摩周湖。日頃の行いのおかげで見られました!)

房州には房州で、コンパクトにあちこち回れるというお得感もあるのですが。。。人ってあまりにも大きなものを見ると、そこにある悠久の歴史みたいなものに圧倒されてしまうようです。

IMG_3133

それだけの自然が長く変わらない姿で残されている神秘とか、極寒の地での開拓者の苦難とか、オホーツク海の氷河の浸食の力強さとか、一瞬で色々なところに思いを馳せ、物凄い重みを感じてしまいましたよ。

IMG_3162

今回の旅では、道東のあちこちで、オジロワシ、キタキツネ、エゾシカ(雌だけでなく、角が立派な雄鹿も)、ミンク(外来種ですが)、コノハズク、タンチョウ鶴(天然記念物!)などの野生動物に出会うことができたのですが(ヒグマには運良く遭わず)

IMG_3103

やっぱり最初のほうは「いや、房州もイノシシとか猿とかイタチとかいるしね。動物がそんなに珍しい訳じゃないから 」なんて斜に構えていたくせに、いざ動物が目の前に現れると、「ラッキー!、いいもん見たぞ 」と気分が高揚し、シャッターをパシャパシャ切っている自分がいました。単純です。

IMG_4127

今までの旅行と違うなと感じたのは、見る物聞く物への関心が深まってきていること。世界遺産である知床を散策した時は、「北は、こういう特徴を持っている草花が多いのね」「鳥や虫の声が、今の時期房州で聞かれるものとは種類が違うな」など比較できたり

IMG_3213

(原っぱの果てにタンチョウ鶴を見つけました)

普通に国道をレンタカーで移動中の際も、「これだけの農地を管理するには、こんな農業機械が必要なんだな」「この作物を大量に栽培する場合、こういう課題はないのだろうか」などなど視点が広がっていったり。以前ならば、単に「北海道らしい景色だ、わーい」で終わっていたと思うのです。

DSC_7649

また、自分も農園でお客様を迎える立場になったからでしょうか、湿原カヌー体験や知床クルージング、夜の動物ウォッチングツアーなどのガイドさんたちの思いやお客様との関わり方、ガイドとしての働き方などにも興味を持って接している自分がいました。ガイドさん自身も楽しみながら、お客様に現地の自然の素晴らしさを伝えようとしている姿勢 に色々な気付きをいただきました。

IMG_3129

今回の旅はレンタカーで4日間移動でした。対向車も信号も滅多にない道を普段富浦でも出さないようなスピードで疾走。

IMG_3117

ナビの到着予定時刻がどんどん縮まるのを見るのはホント気持ちいいし、カーブのきつい山道を何時間も進んで運転技術にも自信はついたし、やっぱり北海道旅行はレンタカーで正解!と思いつつも、快適過ぎた分、現地の人との交流は少なくなってしまったかなぁと思います。不便な旅、待ち時間がある旅ほど、その土地の人と触れ合い、その暮らしを身近に感じることができるものですので。

IMG_3106

例えば、宿泊は民宿やユースホステルを選ぶとか、ホテルの外で食事をとる機会を増やすとか、もう少し意識して工夫すれば良かったかなと思いました。北海道で作物を育てている人のお話も聞いてみたかったですしね。その点が反省と言えば反省です。

DSC_7528

(ヘルシーで癖のない鹿肉丼)

旅の最後にもうひとつ発見が。過去の旅行では、都内に帰ってくると一気に日常に引き戻され、人の多さ、空気の悪さ、交通機関のせわしなさにうんざりしてしまったものですが

IMG_3194

(トイレを借りに入ったけど、意外に面白かった知床博物館)

今回はそのような「あ~下界に戻ってきちまったぜ。。。」というようなネガティブ感情はなく、「北海道も楽しかったけど、地元もいいところだからより愛していきたいな」というほんわかした気分で家路に着いたんです。これが一番大きな変化かも。

IMG_3173

(遠音別川に鮭が遡上していました)

いつもながら長々と書いてしまいましたが、結論としては「なんだかんだ言っても、旅は自分の人生にとって大切なエッセンス 」と悟った次第で。今日からまた農作業頑張ります。

IMG_3207

(超カメラ目線で愛嬌たっぷりの保護されているオジロワシ)

IMG_3178

(ハマナスの花は終わりかけていましたが、実を付けていました)


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
スポンサーサイト

「軽トラ野郎」への道

農家の生活あるある
08 /14 2017
こんにちは。福原です。

8月9日、南房総市のお隣の館山で花火大会が開催されました。花火大会に行くのも、浴衣を着るのも10年以上ぶりです。

IMG_2714

台風で一日延期となったこともあり、場所取りせずに悠々と見られました。名物「水中花火」のドンというお腹に響く音と、館山湾の静かな波の音のコラボは思った以上に風流で素晴らしかったです。

DSC_7290

忙しい職場で働いていると、海や花火、ビアガーデンなどの風物詩を楽しむ余裕がないどころか、桜や紅葉などの季節の移ろいにさえ気付かないまま、1年が過ぎ去ってしまうなんてこともありますよね。そう考えると農家の仕事は、イベントや旅行など何か予定があれば、そこに合わせて作業スケジュールを調整しやすいという利点があります。


さて、先日、前々からやりたいと思っていた軽トラの運転練習を始めました。

IMG_3692

農家のお仕事は身一つで出来るわけではなく、車で運ぶしかない重い道具がけっこう多いんですよね。農機はもちろん、スコップ一つだって手で持って山を登るのは大変ですし、収穫した大量のびわも軽トラでないと運搬できません。

IMG_2611

毎回、軽トラに荷物を積んでから仕事場の山に向かいます。紛れもなく、軽トラの運転は農家の基本スキル

IMG_2769

軽トラの運転ができず、乗っけてもらうしかない存在だと、いつも上司と一緒に行動しなくてはならず、なんだか自立していない感じ。。。

たまに、農家の女性が軽トラで通り過ぎるのを見ると、自分の仕事の準備と後始末は自分でやってます 的な姿に「かっこいいわ~」と思っています。

IMG_2933


そういうわけで、びわの繁忙期が過ぎたら、軽トラの運転にチャレンジしようと心に決めていたわけなんです。

しかし、ここで早速問題が浮上。当農園にある軽トラはなんと!!どれもマニュアル車。古いから仕方ないです。

IMG_2787

不幸中の幸い?なことに、私は20年以上前にマニュアル免許を取得していたので乗る資格は一応あるものの、その間ただの一度もマニュアル車を運転したことはありません(しかも、ペーパードライバー歴がかなり長い。。。)

はて、クラッチって何だったかな~というレベル。教習所で教わったことで覚えているのは、坂道発進ではハンドブレーキがないと危ない。。。ということぐらいです。

IMG_2766

これは、助手席で指導する上司(である夫)の怒りを買わないようにしないと、とびくびくしながら運転席に乗り込みました。

半クラの感覚が分からず、エンストを繰り返しまくる。。。なんでこんな複雑な仕組みなの、もっと単純な操作で動くようにしてくれと心の中で叫びつつ練習を重ねると、だんだんギアチェンジの成功率が高くなってきました!

IMG_2767


交通量の多い道路では、後ろの車に迷惑をかけてしまうこともあるでしょうが、さすが田舎。どこでも練習し放題です。よーし、この調子でちょっとずつ自信をつけていこうと思っていたのですが。。。

翌日。山の上での作業を終了して帰る際に、急きょ上司の発案で山道を下る練習をしてみることに。やってみたい気持ちはありましたが、山道の細さやカーブのきつさを考えるとちょっと怖い。しかも、山道は昼でも暗い。さらに昨日は雨模様だったので、山道はぬかるんでいます。

IMG_3706

実践あるのみと言い聞かせて、一速にギアを入れ、出発。エンジンブレーキをめいいっぱい効かせた上に、ブレーキを踏みまくりながら下りていきます。

何度もタイヤが泥で滑って、ハンドルをとられる感覚が。

IMG_2797

車ごと?から落ちたらどうしましょ という恐怖が頭をよぎりつつも、何とかふもとにたどり着きました。

時間にして1~2分でしたが、まったく、凄いスリルを味わいましたよ。

IMG_2768

というわけで、最低限、軽トラを動かすことはできるようになりましたが、バックモニターがない上に荷物を積んでしまうと後ろが確認しづらい、荷物が荷台から落ちないようにロープでしっかり縛り付ける必要がある、など他にも軽トラ特有の課題はありますので、私が仕事で普通に使用するにはまだまだ時間がかかりそうです。

密かに、いつの日か、車体が私の好きな色でかわいく塗られた軽トラ(できれば、オートマ車。。。)を乗りこなすことを夢見て、明日も新たなチャレンジを続けていきます。ご清聴ありがとうございました。

IMG_2713



房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

あぁ憧れの晴耕雨読?

農家の生活あるある
08 /01 2017
こんにちは。福原です。

8月に入ったと思ったら、台風の影響で不安定なお天気が続きそうです。今日、こちらでは夕方から強い雨になりました。

IMG_2513

私は、農家に転職するまで、雨の日がとても嫌いでした。湿度が高い日の満員電車は不快指数MAXだし。猫っ毛が悩みの私は、湿気が強い日は髪の毛がべたっとして一日中憂鬱

ところが現在はと言うと、雨の日を嫌う気持ちが大幅に減っております。作物にとっては、恵みの雨だからということもありますが。。。

IMG_1430[1]

びわ農家が、雨でもカッパ着て働かねばならぬのは収穫期のみで

IMG_2520

基本的に、雨の日はお休みなのです。OFF

世間は5日働いて2日休むリズムが一般的ですが、農家の場合、目の前にやるべき仕事があって、雨が降らない限りは、連続何連チャン出勤でもアリ。土日祝日関係ナシです。繁忙期以外なら、自分たちで相談して「この日はOFFにしましょう 」とするのは可能ですが、文句なしに休みになる雨の日は、天から降ってくるご褒美のようなものです。

IMG_2425


思えば、過去に何度晴耕雨読的ライフに憧れたことか。

晴耕雨読の意味は

①世間(組織で働くこと)の煩わしさから離れて、悠々自適の暮らしを送ることの例え。
②体を使って汗を流す喜びと、頭を使って知性を磨く楽しみの両方あることが、人間にとって理想の生活であることの意。

のようですが、私はもう少し単純に

「成熟した社会人は自己研鑽し続けるというけどさ、そんな時間がどこにある!?」「雨の日くらいは一息付いてもいいじゃん」「たまには、読みたくても読む暇なくてただ積まれてるだけの本達を家でゆっくり読みたいよ〜」という思いを長年抱いてきました。

IMG_2540

だから就農してからというもの、雨が降るともう嬉しくって。

何しようかな~。部屋でゴロゴロしながら漫画読もうかな〜。ソファでお菓子つまみながらネットショッピングもいいな〜。(自己研鑽はどーした!?)。。。

てな感じでウキウキしていたのですが、実際農家で雨の日にまず為されることは。。。

掃除!!とにもかくにも掃除!!

だって、晴れの日が続くと、農作業ははかどりますが、家の中は汚れる一方ですから。。。

どんなに外仕事が忙しくても、炊事と洗濯が省けない代わりに、家事の中で掃除は省かれる運命

夜家に帰ってきて、な~んかお部屋にほこり溜まってきたわ~と感じても、見ないフリ。だって、農作業より優先順位低いもの。。。

外から毎日せっせと土や葉っぱを持ち帰る?ので、家中ザラザラですけど。周りが大自然なおかげで、家の中にも色んな虫が入ってきちゃって勝手にお亡くなりになってらっしゃることもありますけど(写真は、配慮により省略)。農家だから多少はしょうがないよね~と言い聞かせます。

IMG_2627

潔癖人間の私は最初がこれが難しく、掃除したいけど、身体は疲れてるし、そこら中痛いし、眠いし、他にもやること残ってるし。今度雨降ったら絶対ここキレイにする。だから今日は諦める!! と割り切るのがけっこうなストレス。。。だいぶ慣れましたけど。

IMG_2556

雨が降ってやっと「さぁ、まとめて掃除しよ」となるわけです。掃除機かけて、拭き掃除して、散らかった物も整理整頓して。気分もすっきり。

というわけで、雨の日、多くの農家では掃除に励んでいるはず。

IMG_2620



さらに、我が家の場合。。。

元来、身体を動かすのが好きな夫と、就農してからなぜか体重が増え続けている私は、雨の日、夕方まで家の中で過ごしていると

あ~身体がなまった。夕飯までにお腹減らしたい。カロリー消費したい。

となることが多いです。幸い、農園には、大きな農業用倉庫があるので、そこで卓球をしたり

福原農園の卓球台

縄跳びをしたりして、雨の日でも汗をかくことができます。

IMG_1456

最近は童心にかえって?、二重跳びを連続何回跳べるかチャレンジ中

IMG_2269


結局のところ、憧れの晴耕雨読ライフは実現しているような、いないようなですが、雨の日でも楽しい農家の暮らしではあります。

IMG_2398




房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

お裾分け文化に寄りかかる

農家の生活あるある
07 /30 2017
こんにちは。福原です。

世の中は夏休みですね。こちらでは頻繁に神輿行列を見るようになりました。

IMG_3653


都会で仕事をしていた頃は、職場に合わせて転居も繰り返していたので、住む地域への帰属意識みたいなものを持てず、ちょっぴり寂しかったのを思い出しました。地元のつながりが濃い土地に移り住んだのですから、これからはぜひお祭りに参加してみたいです。

そういえば、前にツバメの巣についてブログで触れましたが、同じ巣に別の家族が入居していました(警戒させてごめんよ。。。でも、くりくりしたお目目にくぎ付け)。

IMG_2452

ツバメは、新しい巣を一から作ると日数がかかってしまうため、元々ある巣をリフォームして使用することも多いそうです。かつて巣出った子どもが、親になって実家に戻ってきたのかもしれません。

農園では、ツバメの巣以外にも、スズメバチの巣、ドロ蜂の巣、ネズミの巣。。。と様々な生き物のおうちを見ることができます。ちょっと怖いもの見ちゃったと思うこともありますが、なかなか興味深いのでまたご紹介したいです。

IMG_2501[1]



さて、今回のテーマは、貰い物です。田舎暮らしでは、とにかく貰い物が多い!!

採れたて野菜はもちろん毎日のようにいただきます。

IMG_2491

量も食べきれないほど。同じ調理法だと飽きちゃうので、必然的に料理のレパートリーが増えた?かもです。

IMG_2541

お肉やお魚だって時々いただきます。釣りたての魚ということもあります。魚をさばいたことなかった私は、修行中。。。

IMG_1885

今日の夕飯何にしようかな〜と考えていると、大体何か貰うので、自然とメニューが決まる感じです。ホント助かります。

IMG_3516

ふんだんな果物にも恵まれた環境。旬のうちに食べきることが難しいので、手作りジャムやマーマレードを作って分けてくださる方も多いです。

IMG_2591

さらに、南房総は花栽培も盛ん。お花もけっこういただく機会があります。お部屋に花を飾る生活なんてしたことなかったから、とっても贅沢に感じます。花瓶が足りない時は、お皿に水を張って浮かべてもステキ。

IMG_1619[1]

今じゃ、こんなに周りの人に良くしてもらってありがたいなぁ、スーパーで買うより美味しい食材、生産者の顔が見える食材が日常的に手に入るなんて幸せだなぁ と心から思っているのですが

引っ越してきたばかりの時は、何かをいただくことに凄く抵抗感がありました。

だって、お返しはどうする?? となってしまうから。

IMG_2543


地方公務員時代が長かった私は、お中元やお歳暮などの文化とは無縁。旅行のお土産くらいはいただくことがありましたが、誰かに何かを貰うことに慣れていません。たまに貰い物をすると、早くお返ししなくちゃ、値段相当のものを返さなくっちゃ、舌の肥えたあの人は何なら喜んでくれるのかしら。。。など色々気になって疲れてしまうこともしばしば。

田舎では、何か洒落たお返しをしようなんて考えてもそんな気の利いたお店がありません。みんな同じところで買い物するので、あぁあそこで買ったんだなとなっちゃいます。自分で何か作物を育てていれば良いのですが、移住してきたばかりで自分が人様にお配りできるものなんて何一つない。

IMG_2473

そういうわけで、貰い物をすると気持ちが重~くなっていたわけなんです。

でも、しばらくしてお義母さんからアドバイスが。「遠慮は無用」「たくさん物がある時はお裾分けする。それはお互いさま」「喜んでもらえれば、相手は嬉しいものだよ」と。何かストンと心に落ちた気がしました。

そうか。相手にプチプレゼントをすることは、「あなたのこと気にかけていますよ」というメッセージであり、それプラス、コミュニケーションツールのひとつになっているんだ。確かに物をいただく時って、なんだかんだ近況報告したり、日頃の愚痴を聴いてもらったり、おしゃべりに花が咲きますものね。

IMG_3606

お返しをするのが義務と考えるのは日本人特有のもので、外国では「気持ちをいただいたのだから素直に感謝すればそれでいいんじゃない?」という感覚のほうが普通のようです。自分はなぜかこれまで、やたら気を遣うという日本人気質に縛られていたけれど、閉じたイメージの田舎のほうが意外とワールドワイドな価値観が根付いているのかも。。。と気付かされた次第です。

そういうわけで、これからは思い切って貰い物に全面依存した?生活をしていこうと思います。

ナスとキュウリが採れました

皆さま、暑さに気を付けて。またお会いしましょう。


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

シミがあっても美しい人になろう

農家の生活あるある
07 /27 2017
こんにちは。福原です。

夏本番。

IMG_1875[1]

暑い日は、水辺が恋しくなりますね。

IMG_2483

山も海もある富浦では、両方楽しめるので得している気分。福原農園は、びわと山の幸を育てているのですが

IMG_2536

何かしら人が集まると、海の幸をいただくことも多いです。本当に美味しい魚ばかり食べています。夏旅の行先に房州はいかがでしょうか?


それにしても、こう日差しが強いと気になるのが日焼け

IMG_2552

農家のように外で働く職業を選ぶ際に、ちょっと躊躇するのはここです。歳をとった時、室内で働いてきた人より肌がボロボロになっちゃうのかしらと。

ここからは、現状報告。日差しが強くなってからの季節も毎日外仕事をしています。

しかしながら、昔から私を知る人に会うと

あれ?農家の人っぽく、真っ黒になっているのかと思ったら、白いままじゃん

とよく言われます。

ええ、そうなんです。私焼けないんです。肌質的に。両親が共に雪国出身なこともあり、生まれつき白いんです。メラニン色素が足りない。

IMG_2528

過去には色白で羨ましいと言われることも多かったのですが、本人は損していると思うこともけっこうあり。。。

①太って見える、②ムダ毛や虫刺されの跡が目立つ、③顔色が悪く見える、④顔が火照ると真っ赤かになる などなど。

自分としては、日焼けしたいんです。小麦色くらいにはなりたいんです。でも、生まれてこのかた、日焼けが成功したことはなし。

最近では、色黒の人のほうが歳をとってからもシミができにくいというのは常識になりつつありますね。

実際、私は、全く小麦色にはなっていないくせに、日々シミだけはどんどこ増えています。物凄いスピードでね。。。

びわ山に行く時は、どんなに暑い日でも虫や植物にかぶれることを防ぐため、長袖長ズボン、袖から出ている手には作業用手袋、帽子をかぶって首にはタオルというスタイル。だから、まぁ日焼けしにくい格好ではあるのですが

IMG_2529

顔面だけは出ちゃってます。数々の日焼け止めグッズを愛用しているものの

IMG_2515

外に出かける前はバタバタしているので塗り方はけっこう適当。マメに塗り直すなどの手間も惜しんでしまう性格なもので。。。


そんな中で今、私の心を支えている言葉があります。

田舎暮らしや自然を相手にする仕事への転職を考え始めた7、8年前から、農家民泊やら自然体験ができるユースホステルやら色々な可能性を探して各地を訪れていた中に、長野県の牧場がありました(下の写真はマザー牧場)。

マザー牧場の馬

牧場に住み込む20代のお兄さんと話し込み、お兄さんが田舎を愛する理由(「太陽と共に起きて、日が暮れたら寝るのが人間の身体には心地よいリズム」とか「田舎は閉鎖的で噂や陰口が多いというけど、それは平和な証拠でもある」)など印象に残る話をいくつか聞かせてくれたのですが、そのお兄さんがなんと

都会から来る女の人って、気持ち悪いんですよね 」と言い放ったんです!

目の前にいる私が気持ち悪いという意味ではたぶんなくて。。。、「シミやそばかすがあるのが自然なのに、何もない真っ白な肌なんて不気味じゃないですか。僕は、たくさん陽に当たってきたなという女性のほうが健康的で好きです 」と。

これから農家になる道も検討していた私にとって、なんて素敵なエール。。。

そういうわけで、あまり深刻にならずに、無理のない範囲で日焼け対策をして、シミが増えたら増えたでしょうがないと開き直っている今日この頃。

この地で何十年も外仕事を続けてきた女性の生き生きした姿を見れば、本当に美しくいることとは、「やりたいことができていること」なんじゃないかなと考えるようになっています。そう思わせてくれた人生の先輩たちのご紹介もいずれ。

IMG_2548



房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

福原祐美

千葉県南房総市在住です。
内房線富浦駅から徒歩50分のところにある「福原農園」が仕事場、兼、住まいです。
アラフォーです。

IMG_0153[2]


房州びわを手にとる人に、「びわ農家がどんなことを考えて、どれぐらい手をかけて、びわを育んでいるか」を遠くからでも知っていただけたらなあ、そして福原農園をもっと身近に感じていただけたら嬉しいなあという気持ちでおります。

最近まで20年くらい福祉のお仕事に就いていましたが、突如、自然豊かな南房総で就農することを思い立ちました。

「対人のお仕事から作物を育てるお仕事へ」「都会の喧騒に囲まれた生活からTHE田舎暮らしへ」「独身貴族から農家の長男の嫁に」。。。といういくつもの転身を経て日々感じていることも、好き勝手に書こうと思っています。

色々な方と交流することでより人生は深まると考えておりますので、コメントはお気軽にどうぞ。いつでもお待ちしています。