専門スキルとしての「大人の木登り」術

びわってこんな風に育ててるんだ
03 /29 2017
こんにちは。福原です。

お義母さんが、山桜とびわの木のコントラストを楽しめる鑑賞スポットを教えてくれました。

IMG_1355[1]

こういうの身近で見ちゃうと、わざわざ人の多いところにお花見に行こうと思わなくなりますね。

寒の戻りとやらで、最高気温が8度だったり、季節外れの雪が降ったりしているけれど、植物はしっかり春の準備をしています。驚嘆。



さて、びわの袋かけ、今年の進捗は例年に比べて、少し遅れ気味だそうです。

この寒さで、びわの花が受粉した後に実ができるまで時間がかかっている。そのため、袋をかけづらい状況が続いているからです。

IMG_1358[1]

農業では、作物の出来不出来や作業スケジュールは、気候に左右されてしまうことを実感しています。

びわも、山桜同様、目に見えないけれど、内側で静かに実を育てる準備をしてくれているといいなぁと願う今日この頃。



そんな中、農業初挑戦、びわ栽培の知識ゼロの私も、引き続き袋かけに取り組んでいます。

農園に来てからすでに、延べ10日以上、袋かけの修行をしてきて、だいぶ慣れてきた感じがします。

始めたばかりの頃は、一日250枚程度しか袋をかけられなかったのが

250枚→300枚→400枚・・・と、我ながらスピードがどんどこUPしてきている。充実感。

調子に乗りやすい性格なもので、「今日は昨日よりも、たくさんかけるぜい!」とやる気もUPしていたところでしたが、そこにまた新たな難関が。

上司(である夫)から

脚立に登ってみようか」

3本足&ステップ8段の脚立です。

IMG_1305[1]

びわの木は、高いものになると地上から10メートル以上の高さに実をつけます。

地面に立って手を伸ばしていたんじゃ、一部の実にしか袋をかけられません。

高い所で作業できるマンパワーがぜひとも必要。

つまり、私が袋かけのスピードが順調に増していたのは、ずっと低いところの実に袋をかけていくビギナー編だったから。

まだまだこの業界では未体験のことが多いってわけです。

脚立は、足場が安定しないと倒れてしまうなど危険を伴うので、まず自分で安全に設置できなければいけません。

なんやかんやその日は一日脚立作業をして、無事、少し高いところの作業もできるようになりました。

「またもや私、パワーUPしてしまった」などと早速浮かれていた、その翌日。

上司(である夫)から

「今日は、木に登ってみて」

木に登る?? 私が。。。でしょうか。。。この木に??

IMG_1324[1]

確かに、脚立が置けないような斜面や、脚立では届かないほどの高い枝もありますので、木登りは出来たほうが良いよね。

しかし、一応、高所恐怖症の診断はないって言ったって、いきなり初心者が木に登って登れるもんなんでしょうか。

世代的に幼き頃、かけっこ・木登り・だ・い・好・き~♪(ちょっと歌詞違うかな)の『キャンディキャンディ』にはまっていましたが、自身は木登りして遊んだ経験は皆無。

上司(である夫)曰く

人間の身体っていうのは、三点が固定されていれば、安定するから

つまり、両足とあと一か所どこか、胸とか腰とかすねとか、が木の幹や枝に接触していれば大丈夫ということ。

でも、袋かけは両手を使う作業なので、手は三点の中に含められないのです。

とにかくやってみるしかない。

とりあえず、私の体重がかかっても折れそうにない、太い枝によじのぼって手を離してみよう。

IMG_1289[1]


って、無理無理無理。

両足が乗っている枝がすでに揺れてるよ!

そもそも三点が固定どころか、一点固定も無理な気が。。。

こんな高いところで両手の作業に集中なんてできるようになるのか!?

しかも、スマホのカメラだとイマイチ恐怖感が伝わらないですね(今度、いいカメラ買います!)


上司(である夫)がやると、とても軽快で簡単そうに見えるのですが。

IMG_1288[1]

私からすると、サーカスで曲芸しながら袋かけしているようなもの。

ベテランにもなると、大抵のびわの実は、木登りで届いてしまうのだとか。

もしや、『素人のどじまん大会』ならぬ『素人ロッククライミング大会』があったら

優勝するのは、とび職の人かびわ農家の人では。。。

などと余計なことを考えながらも、ひたすら木に登り、右足と左足の位置を変えて方向転換してみたり、少し細めの枝にも寄りかかってみたり、色々試行錯誤しながら、木の上で袋かけを続けます。

気が付くと、かなりかっこ悪いへっぴり腰でバランスをとっていたり、「あと3センチであの枝に届く!」みたいな状況で図らずも「シェー」みたいな格好になっていたりしますが

まぁ誰も見てないからいっか。。。

数メートルの高さの枝に足を置き、そこから手を伸ばし、さらにかぎ棒で上の枝を引っ張るので、運よく三点を固定できるポジションが見つかりさえすれば、地上から5メートル以上の箇所にある実にも袋をかけられることも!

まだまだ木登りスキルを習得するにはいたっていませんが、木登りしながら袋かけをしていると

びわの木の一部になり、びわ山にお邪魔させていただくことを許されたような、そんなありがた~い気持ちになってきます。

恐怖感はほとんど消えました。

IMG_1325[1]


房州びわを召し上がるお客様へ。

びわの実ひとつひとつ、びわ農家が木に登って袋をかけたり、収穫したりしていることを知ると、より美味しく感じてもらえるのでないでしょうか。


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング



スポンサーサイト

1ヶ月でジャンクの呪いが解けました。

田舎暮らしびっくり体験
03 /26 2017
こんにちは。福原です。

あいにくの雨です。

毎日身体を動かしたくて農家に転職した私としては、雨の日はびわ山に出られず、がっかりです。

IMG_1340[1]

雨に濡れた花木は、なかなか風情がありますけどね。菜の花と桃の花。

IMG_1351[1]


さて、今の時期、私の住む富浦ではどこもかしこもびわの袋かけの話題になるのですが

このブログでは「また袋かけの話~!?」というクレームが起きたら困るので、雨の日ということもあり、今回は別の話をしたいと思います。

田舎に移り住んで『食生活』ががらりと変わったお話。

当農園に来てから、毎日朝昼晩と家で食事をとっています。

普通のことのようですが、私にとってこれはけっこうな大転換。


そもそも、東京で働いていた頃は、朝昼晩きちんと食事をとることがほとんどなかったんです。

福祉の世界 で仕事中心の生活をしていた私は、仕事の次は睡眠重視。

朝食は、ぎりぎりまで布団の中にいて、菓子パンをかじっておしまい。

業務に追われて昼食抜くのは当たり前。

外出先でお腹が鳴っては恥ずかしいので、電車やバスの中で人目をはばからず、何とかおにぎりだけほおばって行くことも。

夕食も、勤務時間内で終わらなかった事務を遅くまで片付けながら、流し込む。

食べ終わったら、バタンと寝る。

「ある物質や行動に溺れすぎて、健康的な生活を送ることに支障が出てしまうこと」を依存症の定義とするならば、間違いなくワーカホリック(仕事依存症)でしたね。

平日は、台所に立っても、ごくごく簡単なものしか作る時間と気持ちの余裕がなく。

では何を食べていたかというと、ほとんどがジャンクフード

コンビニ、ファーストフード、ファミレスに行かない日はないくらい。

夕食を、甘いお菓子としょっぱいお菓子で済ませた日も数知れず。

IMG_1354[1]

精神科病院の患者さんや福祉施設の利用者に、栄養や食習慣についてレクチャーすることもありましたので、人並み以上に知識はあったはずですが、プライベートはお粗末そのもの。

でも、ジャンクフードでお腹いっぱいにすることがその頃はとても幸せでした。

だって、揚げ物や味の濃いもの、ポテチやチョコレートって美味しいですもん。


それが、思いがけず嫁いだ当農園に来てからの食事はと言うと

これまでの人生無縁だった野菜中心生活が実現。

今の時期であれば、レタス、ブロッコリー、白菜、キャベツなどなど主要な野菜は、お義父さんが畑から毎日収穫してきてくれます。

しかも半端ない量。

IMG_1343[1]

必然的に、毎回の食事は、とれたばかりの無農薬野菜をメインで活かした献立になります。

でも、美味しい野菜っていくらでも食べられる。

いつのまにか、「今日はこの○○を、どう調理してやろう。焼いて食べるか煮て食うか?トマト味か?カレー味か?」と考えるのも楽しくなってきます。

もし今、天変地異が起きて、スーパーで食品を調達できない事態が起きたとしても、農家の人は割と苦もなく、生き延びることができるでしょう。

さらに、都会なら高級料亭に行って食するような、いち早く春の訪れを感じられる食材も、玄関出てすぐの庭先で手に入るのです!!例えば、これ。

IMG_1250[1]


こんなに体が喜ぶ食事を、これまでの職業人生でもずっと続けてきたなら、私の身体を形作る組織は全く違ったものになっていただろう。

分かっちゃいたけど、人生大事なものを捨ててきたのかも。。


実際に身体が変わってきたことを肌で感じたのは、つい先日。

前職の会社に用事があって、都心に出た時のこと。

田舎生活を飛び出すのは、約1か月ぶり。

急いでいたので、某ファーストフード店に入りました。

ジャンキーなものは本当に久しぶり。

「たまにはいいよね」と思ってパクリ。

え〜、なにこれ。このハンバーガーこんな味だったかな。

不味い。。。。(お店の方、ごめんなさいです)

あんなにジャンクに目がなかった私。

新商品が出たらすぐに所望していた私。

それが、私、こんなもん食べてたんだっけ?しかも10年以上もの長い間。

その後、実はもう一度、超有名ラーメンチェーン店にもお友達と入る機会がありましたが

ちいとも美味しくない。どうしてここが人気店?? 素材の味がしないよ〜。

このたった1ヶ月で、自分の味覚が都会仕様から農民仕様?に変わったことをはっきり悟りました。。。


思い返せば、ジャンキーな食生活は、腹は満たしてくれたかもしれないけど、気持ちは空虚なままでした。

職場のいざこざや業務量の多さなど蓄積したストレスはすぐには解決できないから、とりあえず「美味しいものを食べたよ」と疲れた脳をごまかしたくなる。それで、手っ取り早いジャンクに手が伸びていたということ。

食生活がすさむから、心もすさむのか、心がすさんでいるから、食もすさんでいくのか

その辺は分かりませんが、ちょっと異常な状態だったことは確か。

摂食障害の女性が、満腹→脳の中で快感物質が分泌され→見たくない辛い現実を一瞬感じなくて済むように過食する、のと似てますね〜。

IMG_1352[1]

今は、富浦の畑と私の食卓は"地続き"な感じがしています。

単に添加物が少ないからでなく、鮮度が高いからでもなく

土のついた状態の食材から料理することを通して、目で楽しみ、口で味わい、自分の暮らす土地で家族が作ってくれた物をいただいているという、気持ちの中での安心や贅沢や満足を感じています。

偉そうに言うてるが、家族に作ってもらうんではなく、自分で種からまいて育ててるのか?!おい、という声が聞こえました。

でもそれは、まだまだ先になりそうです。まずは、びわの仕事を覚えないとね。


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

びわ山ハイキングのススメ

びわってこんな風に育ててるんだ
03 /24 2017
こんにちは。福原です。

3月も下旬だと言うのに、凄まじい寒の戻りです。でも、少しずつ春は近づいていますね。

木藤 がとても綺麗です。

IMG_1294[1]

本日も、びわの袋かけを行いました。

しばらくの間、私と上司(である夫)は、当農園の中でも特に地形が険しいびわ山での作業が続きます。

ちなみに、びわの木が植わっている場所は、「びわ畑」とは呼ばずに「びわ山」と呼ぶのが普通だそうです。
文字通り、平地ではなく、山の中にあるので。

IMG_1304[1]

傾斜のある土地にびわを植えている理由は、斜面では冷気が停滞せずに抜けていくため、冬の間も寒さに弱いびわの種がやられてしまわないで済むという利点があるからです。

しかしながら、斜面にある畑、なんて甘っちょろいものではなく、びわ山は「ほんまもんの山」です。
四駆の軽トラで行けるところまで行き、そこからは木々や野草が生い茂る山道を毎度足で進んでいきます。

これが、「びわ農家の通勤」です。

職場に着いたら、斜面に立つ足元を気にしつつ、両腕をびわの実に伸ばします。
太ももプルプル状態です。

IMG_1309[1]

袋かけの手先に集中していると、足場が急に崩れて、心臓がドキッとしちゃうこともしばしばです。
木の根っこなどにつかまって難を逃れますが、ジャージのお尻はドロドロです。

命を落とすことはないまでも

私、ここで足滑らしたら、かなりの確率で怪我するよね。。。

と本気で思っています。


ん? な~んか、こんな危険な感じ、過去にもあったような。。。

そうか!八ヶ岳か!!

標高2,899メートルの赤岳を制する際も、同じことを感じた!

赤岳の登山道は確かにビギナーには険しいですが、

毎年多くのハイカーが踏み固めた道であり、「山頂はこちら」みたいな道しるべもあるし、本当に危ない箇所には鎖が打ってあって、鎖につかまって歩みを進めることが可能です。

実際の鎖場を登る私(余裕ありそうに見えるのは、気のせい)。

IMG_1096[1]

一方、個人のびわ山は、標高は低いものの、たぶん恐らく年間3人くらい?の人しか足を踏み入れない、未開の地。

毎日刺激的なハイキングが楽しめます。

サッカーをやっている姪っ子から譲り受けたトレシューが足の負担を軽減するのにお役立ちです。ありがとう!!

IMG_1341[1]

それにしても、マイナスイオンを浴びるため、お金をかけて登山グッズを揃え、会社の休みをとり、山登りに出かけていたあの日々が嘘のよう。

日本アルプスの一角から望む大パノラマではないにしても、遠くに東京湾を眺めるこの景色は結構贅沢だと思う訳です。

IMG_1323[1]

皆さまもぜひ一度びわ山に遊びに来てくださいね。


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから


よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング



びわの袋かけ、それは素人には試練だった

びわってこんな風に育ててるんだ
03 /21 2017
こんにちは。福原です。

昨日は一日中どしゃ降りという天気だったため、びわのお仕事はお休みでしたが、今日は良いお天気。

気温が低くても、穏やかな日差しがあるとやっぱり春を感じますね。

ソラマメの花 も咲いていました。

IMG_1320[1]

というわけで、「びわの袋かけ」再開です!

袋かけの方法を具体的にお伝えすると。。。

枝先にできている複数の実(これから大きくなるところなので、まだ小さい実)のうち、「これは、この中で一番立派なびわになるね!きっと!」という実を瞬時に判断し、それ以外の実をぽきっと折ってしまった上で、選んだ実に袋をしっかり固定する作業です。びわをより大きく美しく育てるために、です。

紙袋の口の端に針金が入っており、その針金を実の軸に一周させれば、まあ大体風に吹き飛ばされることはない。。。ということなのです。

始める前は

まだ小さい実に袋を付けていけばいいだけでしょ。それぐらい出来ますよ〜、もちろん、最初は精度やスピードは上がらないかもしれないですけど、びわ農家さんなら誰もがやっている作業なわけですし、出来ますってば。


。。。という甘い考えだったのですが、いやこれが意外にも全然出来ないんです。ホントに。

IMG_1322[1]


針金を引っ張りすぎて、袋をやぶっちゃうこと☆回。
実の軸に力を加えてしまい、実を軸から折ってしまうこと★回。
実どころか枝ごと折ってしまうこと??回。。。


え、こんなに難易度高いもの?

わざとらしくなるのを承知で書きますが、私は不器用なほうではなく、手先を使う作業も割と苦にならないタイプ。家庭科も図工の成績も良かったはず(関係ある?)。なのに!出来ない!!

全国のびわ農家さん。尊敬。。。ただただ尊敬です。。。


しかも、袋かけを難しくしている要因のひとつに、びわの実の軸の付き方、角度があります。

品種にもよりますが、こんな感じの実を多く見かけます。

IMG_1313[1]

ええ!!これって、フィギュアスケートで言うところの「イナバウアー」ではないの?
皆さんもきっと連想しましたよね!?

荒川静香さんで言うところの、荒川静香さんの頭が限りなく後ろに反って、足のほうに接近している状態なのにも関わらず、頭の部分だけを袋に入れようなんて。しかも針金でしばる首の部分は、まだ若い実なので、ぐらぐらして柔らかいから折れやすいんです。


知られざる事実。袋かけは、とても繊細なお仕事


そして、びわってけっこうアクロバティックなんですね~。

ここで、じゃあどうしてびわの実は、後ろに反りたくなってしまうのか?気になります。
太陽のほうに伸びていくとか、重力に従ってしまうとかでしたら、分かるんですけど。

その訳は、冬の寒い時期、特に夜間、びわの木を冷たい空気(TVで聞いたことのある”放射冷却”というやつです)が覆う際に、びわは少しでも実を内側に入れて我が子を守ろうとしている。

なんと。

そんな話を聴くと、びわの木の生命の営みを応援してあげたくなってきました。上手く袋がかけられずイライラしていた気持ちもまあ収まってくるってもんです。

IMG_1256[1]

この産毛の生えたかわいいびわの実の赤ん坊。皆さんも、びわを食べる時にちょっとだけ思い出してみてください。


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング


今年もびわの忙しい時期が始まりました

びわってこんな風に育ててるんだ
03 /19 2017
初めまして。福原 祐美です。本日からブログ始めました。

IMG_1244[1]


つい先日、びわ農家に嫁いだばかりで、右も左も分からず状態。。。色々見習い中です。

房州びわってどうやって実を大きくしているのか!?、びわ農家って最盛期以外は何しているのか!?など疑問満載ですので、ひとつひとつお勉強しながら、このブログを読んでくださる方にもそのプロセスを垣間見ていただけたらなと思っています。

今日のお仕事は、「びわの袋かけ」。職場は、山の中腹。。。ここで?

IMG_1300[1]


毎年3月前半あたりから、どこのびわ農家も、この「びわの袋かけ」を行います。
袋かけとは、「虫や鳥、その他の衝撃で傷がつくことを防ぎ、大きくてジューシーなびわを収穫するその日まで全力で守る」ための大事な大事な作業なのです!

袋をかけるとこんな感じ。

IMG_1307[1]


この作業は、5月初旬までずーっと続きます。
袋かけ、かな~り地味な作業ですが、やってみると奥深いので、またレポートします。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

福原祐美

千葉県南房総市在住です。
内房線富浦駅から徒歩50分のところにある「福原農園」が仕事場、兼、住まいです。
アラフォーです。

IMG_0153[2]


房州びわを手にとる人に、「びわ農家がどんなことを考えて、どれぐらい手をかけて、びわを育んでいるか」を遠くからでも知っていただけたらなあ、そして福原農園をもっと身近に感じていただけたら嬉しいなあという気持ちでおります。

最近まで20年くらい福祉のお仕事に就いていましたが、突如、自然豊かな南房総で就農することを思い立ちました。

「対人のお仕事から作物を育てるお仕事へ」「都会の喧騒に囲まれた生活からTHE田舎暮らしへ」「独身貴族から農家の長男の嫁に」。。。といういくつもの転身を経て日々感じていることも、好き勝手に書こうと思っています。

色々な方と交流することでより人生は深まると考えておりますので、コメントはお気軽にどうぞ。いつでもお待ちしています。