猫でも分かる「びわマイスター(鑑定士)講座」

びわってこんな風に育ててるんだ
06 /25 2017
こんにちは。福原です。

びわの仕事一辺倒で、他のことが目に入っていない今日この頃。いつの間にやら、ソルダムの実が色づいていました。

IMG_2138[1]

皆さんは、どこでどんな初夏の訪れを感じていますか?


さて、当農園では、びわの収穫も終わりが見えてきました。今はただひたすらに、元旦から受付を開始して、千件以上ものご予約をいただいている贈答用びわの発送を進めています。


収穫から発送までの工程を少しご紹介いたします。

前回の記事でも書かせていただいたように、毎日もぎ手スタッフがもいだびわを山から降ろしてきます。

露地びわの収穫が始まりました。

袋がかかった状態のびわは、あっという間に倉庫のスタッフによって袋を剥がされていきます。これを、「袋剥がし」あるいは「むき」と呼んでいます。

IMG_2087

美しい実は、贈答用の箱に入れられていきます。

箱詰めされたびわ

(たとえ味に遜色なくても)傷があったり、サイズが小さすぎたりすると、B級品と言って、食べ放題用、もしくはお得用商品として利用されます。

IMG_2194[1]

傷みが目立つ場合は、種を取り出す用(びわの種の服用は、昔から民間療法の一つとして人気があります)に回されます。

IMG_2009[1]

というわけで、びわの選別は効率的かつシステマティックに行われています。

IMG_2003[1]

複数のスタッフによって厳正な審査を受け、サイズと品質が合格点と言えるびわだけが、箱に入ることが出来るのですが、箱詰めと最終チェックは、熟練のスタッフにしかできない仕事です。

箱びわ(4L)

新人スタッフの私は、袋剥がしを担当させてもらっています。一日に1000個ほどのびわを見ていると、びわの奥深さをよく知ることができます。

こーんな、まあるいふくよかなびわもあれば

IMG_2014[1]

洋ナシ形やいびつな形のびわも。同じびわとは思えません。でも美味しさは一緒。

IMG_2056[1]

日焼けや病気に侵されたびわを見逃さないことが大切ですが

IMG_2095


IMG_2092

上の2枚の写真のうち、下のびわの緑色の斑点は、品種特有のもの。決して青かびではありません。

お尻みたいな双子ちゃんびわはレアです。

IMG_2107

房州びわの規格は4Lサイズまでしかないのですが、ケースにおさまりきれないほど大きいものを特別に5Lと呼んでいます。一般的なスーパーに並ぶMサイズと比べるとこの通り。巨大です。ごくたまにしか出会えないので、手に入れられた方は幸運ですよ!

IMG_2101

卵2個以上の重さがあります。食べるところがたくさんあって嬉しい!

IMG_2091


てなわけで、びわはマイナーな果物だけに、知れば知るほど「そうだったのか!」と面白く感じることができます。

袋かけから、歯を食いしばりながら愛情を注いできたびわを選別し、泣く泣く外に嫁にやったり(?)、今後の行く末を判断したりするのは、 可愛い、勿体無い、切ない。。。などの様々な感情が入り混じって、感慨深いものがあります。

IMG_2164[1]


ちなみに、お客様とのやりとりでよくある、びわに関する勘違いBEST3はこちら。

①房州のびわは大きいけど、味が良いのは無難なサイズのびわだ
=>どのサイズでも甘くて美味しいのが房州びわです。大きなサイズだからと言って、「大味」というのは偏見です。

②実が硬いのは、まだ酸っぱいびわ
=>実の硬さは、品種(水分量)によって異なります。そもそも押してみないと美味しくなっているかどうか分からなかったら、どのびわも発送前につぶれてしまいます。まだ酸っぱいか、熟しているかは、プロが実の色で見分けています。

③形が不ぞろいだったり、表面が汚れていたりするのは、品質の良くないびわ
=>びわにも個性があります。見てくれと味とは無関係です。どんな見た目をしていても、当農園で育てたびわは全部美味しいです。人間だって、色んな顔かたちの人がいたり、そばかすやほくろがあったりするのとおんなじですね。

以上、今後、びわを選ぶ時の参考にしてくださいね。当農園に遊びに来てくださった方には、さらに詳しくびわの魅力をお伝えできると思います。次回は、毎年200人ほどのお客様が遊びに来てくださる、びわの食べ放題についてご紹介する予定です。

IMG_2072[1]




房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

スポンサーサイト

禁じられた遊び=山のミニコースター

びわってこんな風に育ててるんだ
06 /22 2017
こんにちは。福原です。

びわの繁忙期が続いているため、ブログの更新をお休みしていましたが、何人かの方から「無事に生きているのか??」というお問い合わせをいただきまして、慌てて下書きをUPしております。つきましては、現状と内容にややタイムラグがあることをご了解くださいませ。。。 ↓↓↓

梅雨入りしたとは思えないお天気が続いていますね。

IMG_2077[1]

所々で、この時期の風物詩、紫陽花を見かけます。

IMG_2082[1]

紫陽花の花の色は、土壌のphに影響を受けるそうですが、同じ場所に咲いていても微妙に花の色が異なるのは何とも不思議。


さて、当農園ではびわの収穫が本格化し、それに伴い、予約注文の発送に追われています。1日に100〜200箱のびわが全国のお客様の元に旅立っています。

IMG_2055[1]

文句なしに美味しく、かつ綺麗なびわを箱詰めするには、もぎ手が山で食べ頃のびわを見極めながらもぎ、どんどんどんどんふもとの倉庫に降ろさなければなりません。選ばれしびわしか箱に入れることが出来ないため、もぐびわの母数はそれだけ必要になります。

一日に山からもいでくるびわのカゴは、最盛期ともなると30カゴ以上。

IMG_2068[1]

スーパーカゴには、満杯まで入れると、袋がかかった状態のびわが100個程度入ります。

IMG_2041[1]

単純計算で8〜10キロ。大体大人の猫が2匹くらい入っている重さです(分かりづらいな。。。)

IMG_2061[1]

これを持って何度も斜面を登るのは重労働ですし

バランスを崩して、カゴをひっくり返したら大惨事

なので、あらかじめ、歩きやすくなるように草を刈ったり、スコップで階段を作っておいたりもしますが

IMG_3566

(自分で階段掘ったの初めてだ。。。)


実は、びわ農家には秘密兵器があるんです。

それは、農業用モノレール

IMG_1727[1]

モノレールと言うと、街の上空を走る交通機関を想像するかもしれませんが、このモノレールはレールの下に車体がぶら下がっているのではなく、レールの上に荷台が乗っかっているシンプルな構造

みかん農家や林業でも使用されているようですが、びわ農家では、特に斜面がきついびわ山に設置されています。

DSC_7007[1]

エンジンをかけてレバーを倒せば、あとは自走します。

IMG_1706[1]

文字通り農業用なので、収穫した果実を運搬したり、重い農具を乗っけたりするためのものですが、タケノコ狩りなどで来園したお客様を山の上までお連れするなどの時にも使用することがあります。

(本来、人は乗ってはいけない仕様なので、このブログで見聞きしたことは農機屋さんにバラさないでください。。。)

一度でもモノレールに乗ったお客様は、その時の楽しさを忘れることが出来ないと言います。特に、お子さん達の心を鷲掴みにしているようです。

IMG_1664[1]

確かに、大自然の中で乗り物に乗って、風や日差しを直に感じるという素敵な体験は、どこでもできるものではありません。
(だからさ、人は乗せちゃいけないんだよ〜!)

実際に乗ってみると、レールが一本なだけにかなり不安定。当たり前ですが、斜面を登ったり下りたりするので、とても揺れます。

IMG_1654[1]

つかまっていないと、荷物と共に荷台から転げ落ちてしまいそう。

また、ちゃんと周囲を見ていないと、四方八方からせり出してくる障害物にぶつかるので、えらいことになります。

IMG_1246[1]

私は一度、モノレールに乗車中、上から垂れ下がってきた大きな夏みかんが鼻に激突し火花が出るってこういうことか。。。と妙に納得した経験があります。

とにもかくにも、昭和の街並みを再現したセットにぶつかりそうなギリギリを走ることで有名な浅草花やしきのローラーコースターを超えるエキサイティングなミニコースター、それが農業用モノレールなのです。

IMG_1847

モノレールは設置から数十年経過している物が多く、錆びて軋んでいたり、脱輪しやすかったり、他の色んな意味でもエキサイティングな存在ですが、びわの収穫本番である今は大活躍のツールです。興味のある方は、ぜひ農園に遊びに来てくださいね。

IMG_2126

※繰り返しですが、通常、モノレールに人は乗ることはできません。このブログを読んでくださった方、他言無用ですよ。。。



房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

収穫でびわ農家の真髄を知る

びわってこんな風に育ててるんだ
06 /08 2017
こんにちは。福原です。

6月に入ったかと思ったら、あっという間に梅雨入りしてしまいましたねぇ。

IMG_1519[1]

6月と言えば、祝日が1日もない月。。。毎日を憂鬱に感じたり、目標を見失って中だるみしたりしがちな時期ですよね。そういう時は、このブログに遊びに来て、ほっこり写真で一息ついてください。

IMG_1969[1]

また、異業種の話を聞くと、自分の仕事を少し客観的に見られることってあるのではないでしょうか。


さて、就農して3ヶ月目の私は、びわ農家が一番忙しい時期を迎えようとしています。当農園の中で、一番南にあるびわ山の実が一段と色づいてきました。

IMG_2048[1]

通常、びわ農家では、収穫部隊は男性陣、販売・発送部隊は女性陣と役割分担していることが多いのですが、新米の私はびわの仕事の全体像を掴むため、収穫作業にも参加させてもらうことにしました。

IMG_2025[1]

現在は、収穫と言っても、「拾いもぎ」の段階です。拾いもぎとは、落ちたびわを拾うという意味ではなく、(びわは袋の中に入っており、もいでみないと中の状態が分からないため)少し袋を破いて色を確認しながらもぐということです。

IMG_2022[1]

拾いもぎに対して、「全もぎ」とは、収穫の終盤頃に、びわが熟して自分から落ちてしまうのが先か、もぎ手がもぐのが先かというギリギリの段階で、とにかく手当たり次第全ての実をもぐことです。

早速、拾いもぎを実践します。袋を破ってみて、橙色まで赤らんでいるかをチェックします。

これはちょっと早いですね。スマホの写真だと分かりづらいけれど、まだ黄みがかっています。食べると酸味が強い感じです。

IMG_2053[1]

なかなか本来の色がお伝えできないのですが、橙色が濃くなっていればOK。

IMG_2024[1]

余談ですが、びわの実のお尻部分(へそと言う)には、お星さまが隠れています。大事にとっておきたくなる可愛らしさです。


十分に色づいている実を確認したら、同一の木における同じ高さに出来ている実は、大体もいで大丈夫という判断ができます。

IMG_2028[1]

しかし、うっかり隣の木の枝にあるびわをもいでしまうと、まだ黄色い場合があります。

木ごとに、日当たり(他の木の影になっていないか)、樹勢(その木自体が元気かどうか)、葉っぱの密集度(びわの実全体に日光が届きやすいかどうか)など、色々な条件が異なるため、すぐ隣にある木でも慎重に実を観察しなければなりません。



びわの袋かけでは、袋をかけ忘れる実がないよう、遠くから枝を引っ張ったり、枝を脚立で押さえたり、ある程度ダイナミックに作業できたのですが、収穫ではそうはいかないようです。

びわの実はとても脆く、少しぶつけただけでも傷んでしまいます。また、枝を揺らしたり、風が吹いたりといったちょっとの衝撃でもボトッと下に落果してしまいます。

IMG_2058[1]

細心の注意を払って、ゆ〜くり行動します。かなり神経を使う作業です。

もぐ時は、びわの実の部分は決して握らずに、軸の部分をそっとつまみ、上側に折るようにします。

袋かけは高所で両手を離さなければいけないけど、収穫は片手でもげるからそんなに難しくないよ

と上司(である夫)から聞いていたのですが、とんでもございませんでした。

IMG_2027[1]

片手で折れるほどやわな実ではない!袋かけの時は、針金で縛ろうとしてもすぐにポキポキ折れてしまい、私を悩ませたあの軸が、今ではこんなに頑丈に育っておりますので。

そのくせ、熟れたら勝手に自分から落ちてしまうとは。。。全くいけずな果物です。

IMG_2023[1]

でも、傷ひとつない美しいびわの実に出会った時には、思わず笑みがこぼれてしまうような感動があります。

酸味と甘みのバランスが整っているか確認のため、時たま味見もしてみます。瑞々しくて、ジュースを飲んでいるかのよう。さわやかな美味しさが口いっぱいに広がります。

IMG_2042[1]

びわの収穫は、太陽により近い、木の上のほうから始まりますので、必然的に私も木に登ることに。

しかし、もいだびわを入れるカゴを持ってです。スーパーのカゴです。

IMG_2045[1]

私、これまでこんな大きな物を持って、木に登ったことはございません(当たり前だ!)。

しかも、びわの実が他の枝などの障害物にぶつからないようにかき分ける時に使う、鍵棒(いわゆる鉄の棒)も持って登ります。

もうこの時点で、袋かけより難易度が上がっている気がしますが。。。、カゴと鍵棒は木の枝に引っ掛けながら少しずつ上がります。

びわの実をもぐ瞬間は、思わず緊張で息を止めてしまいます。

IMG_3585

疲れたので、木の上で少し休憩。

IMG_2052[1]

ある程度びわの実がカゴに入ったら、あまり入れすぎないうちに、降ろします。登る時よりカゴが重くなっているので、少しずつ下の枝に引っ掛けながら地面まで運びます。

IMG_2051[1]


軽トラの荷台がいっぱいになったら、農園に戻ります。びわが傷まないように、超ノロノロ運転です。

IMG_2054[1]


収穫ルポは以上です。スーパーでは値段も高く、あまり身近とは言えない果物ですが、収穫の難しさについて知っていただけると、よりびわの希少性、特別感を実感していただけるのではないでしょうか。

最後に、「びわ狩りしたいんですけど。今日これから大人2名で行ってもいいですか?」というようなお問い合わせが相変わらず多いのですが。。。

四駆の軽トラでしか登れない山までハイキングをして、脚立や木に登る、もいで袋を開けてみたら黄色くて酸っぱいという様々なリスクを抱えてのイベントになりますので、当農園では実施していない訳なのです。そこは、慣れた農家に任せてください!いちご狩りやぶどう狩りとは少々違うイメージなので、悪しからず。。。

※ハウス、あるいは露地でも平らな土地でびわを低樹高化している農家さんではびわ狩りができますので、あきらめないで探してくださいね。


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



イノシシ戦記

びわってこんな風に育ててるんだ
06 /04 2017
*『写真でほっこりクイズ⑧~これは何の実?~』の答えは、この記事の一番下です*

こんにちは。福原です。

IMG_1989[1]

当農園では、いよいよびわの収穫の時期が迫ってきました。

IMG_1985[1]

びわ収穫&発送総合戦略本部であるメイン倉庫では、お義母さんを中心に着々と準備が進められています。

IMG_1979[1]

毎日のように、収穫部隊の男性陣がもいできたびわをチェックして、色はどうか、大きさはどうか、味はどうかを確かめ、いつから本格的な収穫を始めるか検討しているところです。

IMG_2001[1]

※6月に入って、「びわ狩りに行きたいんですけど」というお問い合わせが非常に増えていますが、当農園のびわは急斜面にあるので、びわ狩りにお客様をお連れできません。収穫はプロのもぎ手が行いますが、今年はびわの成長が遅く、発送も販売も始まっていない状況です。ご了承くださいね。


さてさて、どんどん美味しくなっていくびわを害虫・害獣から守るために打つ手は数あれど、最も重要性の高いミッションを紹介しそびれていました。

それはイノシシ対策。名付けて、電気ビリビリ防御網(かなり安っぽいネーミングだな。。。)なのです。

IMG_1907

元々、房州にイノシシは生息していなかったそうなのですが、10年余り前から田畑を荒らすようになり、その被害の大きさは年々深刻化しています。

イノシシが檻罠にかかりました

(過去に罠にかかった子どものイノシシ)

では、イノシシ達はどこから来たのか-------。

一説によると、狩猟を趣味とするハンター達の中で、狩りのターゲットとしてあえてイノシシを山に放した人がおり、その結果イノシシがねずみ算的に増えてしまったということです。これが事実ならば、多くの農家に影響が出るという事態を予測せずに、安易に生態系に個人の手を加えてしまった罪は重く、そのハンターには天罰が下っているでしょう、きっと。。。

イノシシは、人間が育てている農作物を何でも食べてしまいます。

イノシシに食べられた竹の子

タケノコも、こっちが掘る前に食べられちゃいました。もちろん、甘い香りのするびわも好物です。

また、穴を掘るという習性から、農地をぼこぼこにされてしまいます。イノシシが掘った穴は想像以上に深く、ふいに足をとられることも少なくないです。

イノシシに掘られた大根のうね

長い間、手をかけてきた大切なびわが、収穫目前でイノシシに横取りされてしまっては、悔やんでも悔やみきれない。

そこで、多くのびわ農家では、電気ビリビリ防御網を仕掛けているのです。

IMG_1919

びわ山全体を電柵で囲い、イノシシが入ってこられないようにします(日中、人間が感電しないように、夜間だけ電気を流すモードに設定できる)。

まず、クリップのついた支柱を等間隔に立てます。次に、クリップに電線を絡ませながらピンと張っていき(高さを変えて、2段張ります)

IMG_1916

最後に、電流を流す電柵本体とアースを取り付ければ完成です。

IMG_1938

電線に雑草が触れてしまうと、無駄に漏電し、威力が半減してしまうこともあって、先に草刈りに励んでいたというわけです。

一見、イノシシの巨体なら簡単に突破できそうな気もするのですが、イノシシは図々しい反面、臆病なところもある動物で、初めて見る障害物があると、鼻先で安全かどうかを確認するそうです。

その際に、ビリっと来れば「ここからあっちは行けないな」と判断するらしい。イノシシがビリっと来ている瞬間を見た人はそうそういないでしょうが、電柵を張ることにより、イノシシがびわの木を襲った形跡はほぼなくなりますので、確実な効果があると言って良いようです。

私も、電柵張りを行いました。

IMG_1935

平らな土地は比較的張りやすいですが(それでも固い地面に支柱が刺さらないことが多く、ハンマーで何とか叩き入れる)

IMG_1897[1]

ええ!? 自分が歩くだけでもやっとのこの斜面に道具を持って入って柵を張るだと??

というようなびわ山もあり、難儀します。。。 

IMG_1920

でも、そんなこと言ってられません。もうすでに、イノシシがびわに近づいて枝を折ってしまった場所もあるのです。

IMG_1945[1]

一刻を争う。イノシシが通りそうなところはどこまでも行き、電柵を張り終わらなければ、今晩イノシシが入るかもしれない。。。

IMG_1930

気分は川口浩探検隊です(念のため、私はその世代ではない)。

全てのびわ山で、電柵が張り終わって初めて、安心して夜眠れると上司(である夫)は言います。

イノシシにも生き抜くために食べる権利はありますが、農家にも農作物を守る権利があります。恨みや憎しみから、電気でビリビリさせるわけではありませんが、自然や動物を相手にする仕事は時にシビアにならざるを得ないということですねぇ。

しかしながら、イノシシが一度電柵を突破できることを覚えてしまえば、電柵の効果は無にされてしまいます。

そういうわけで、イノシシと人間の攻防は続くのでした。。。

IMG_1936



『写真でほっこりクイズ⑧~これは何の実?~』の答えは

オニグルミ

オニグルミでした。身近な食材でも、収穫後の姿以外は意外と知らないということに気が付かされます。

オニグルミの収穫時期は晩秋です。実から殻から取り出し、殻を割るのが相当難しいと聞いているので、今からチャレンジするのが楽しみです。


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!





写真でほっこりクイズ⑧~これは何の実?~

ちょっと一呼吸のコーナー
06 /03 2017
こんにちは。福原です。

道を歩いていて何かの実がなっている。でも何の実だか分からないまま通り過ぎてしまうことってありますよね。

それが、意外と身近に食しているものだったりします。ちょっと形や色が違うと分からないもんです。

では、下の写真は、何の実でしょうか?

IMG_1974[1]

そのまま食べても美味しい、お菓子やお料理に入れても美味しい、香ばしいあの果樹なんです!

答えは、次回のブログでお伝えします。


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!


新規就農者セミナーが始まりました

転職先としての農家を考える
06 /01 2017
こんにちは。福原です。

ソラマメを発送したお客様から、絵手紙をいただきました。

IMG_1946[1]

旬のソラマメの鮮やかなグリーンから元気をもらえる一枚。

農家は普段、お客様と直接交流させていただく機会は少ないので、こういったメッセージはとても嬉しく感じます。ありがとうございました。


IMG_1872[1]

の実を収穫しました。

IMG_1953

今年は、例年に比べて実の数が少なかったようです。

それでも、ちょっとだけ加工してみました。シンプルな梅酒、黒糖梅酒、梅ジュースです。数か月後を楽しみに、毎日こまめにシェイクしています。

IMG_1955



さてさて、就農してまだ3か月足らずの私は、安房農業事務所が主催する新規就農者向けのセミナー(3年制)に参加することになりました。

IMG_1958[1]


正式には『農業経営体育成セミナー』と言います。

つまり、単に就農して間もない人に農業のイロハを教えてくれるだけでなく、地元の農業を活性化していくため、ビジネスの視点を持つ人材を育て、長い目で見た人材同士の連携をも促していくものです。

IMG_1962[1]

私は、おおむね35歳までという対象年齢を大幅に上回っていますが、かろうじて?入らせてもらえました。。。

5月29日(月)がその第一回目。

開講式の後、地域農業の発展につながる数々の先進的プロジェクトに取り組んできた安西農園(館山市)の代表の方のお話をうかがいました。
(写真を撮り忘れたので、セミナーに関係のない福原農園の写真が続きます。。。)

IMG_3532

会場は、安西農園の農作物を使った料理を提供されているレストラン。素材を活かしたメニューの試食会もあって、なかなか粋なセミナーです。美味しかった~。

セミナー生ひとりひとりの自己紹介の時間も設けられました。どうやら、一度都会で就職し、実家を継ぐためにUターン就農したという方が多いながらも、南房総という土地や特定の作物に魅力を感じて、移住新規参入された方も増えてきている印象です。

講義では、農作物の商品力やブランド力をいかに高めていくかという観点に加え、自分の農業を通して地域をどうしていきたいのか、長期的なビジョンを持って行動することが大切ということを教わりました。

他のセミナー生の皆さんは、お若いながら、しっかりと先々の目標を見据えていらっしゃるようでした。

IMG_1893[1]

私は、自然の中で体を動かしながら仕事をしたい あるいは、農家の働き方や生き方を自分の人生に取り込みたい といういたって単純かつミクロな動機で就農しておりますので、少々情けない感じなのですが。。。今回は自身を見つめ直す良いきっかけをいただいたなと前向きな気持ち。

びわ栽培を通して誰に何を伝えたいのか、もっと巨視的視野から考えを深めていきたいです。

今後も、1ヶ月に1回程度、講義や実践研修がありますので、積極的に参加していきます。

IMG_1830[1]




房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

福原祐美

千葉県南房総市在住です。
内房線富浦駅から徒歩50分のところにある「福原農園」が仕事場、兼、住まいです。
アラフォーです。

IMG_0153[2]


房州びわを手にとる人に、「びわ農家がどんなことを考えて、どれぐらい手をかけて、びわを育んでいるか」を遠くからでも知っていただけたらなあ、そして福原農園をもっと身近に感じていただけたら嬉しいなあという気持ちでおります。

最近まで20年くらい福祉のお仕事に就いていましたが、突如、自然豊かな南房総で就農することを思い立ちました。

「対人のお仕事から作物を育てるお仕事へ」「都会の喧騒に囲まれた生活からTHE田舎暮らしへ」「独身貴族から農家の長男の嫁に」。。。といういくつもの転身を経て日々感じていることも、好き勝手に書こうと思っています。

色々な方と交流することでより人生は深まると考えておりますので、コメントはお気軽にどうぞ。いつでもお待ちしています。