農作業用BGMがあった

農家の生活あるある
04 /24 2017
*『写真でほっこりクイズ②~びわの実を狙う犯人は~』の正解は、この記事の一番下です*

こんにちは。福原です。

さわやかに晴れる日が続いていますね。

当農園では、うちのお義母さんがずっと楽しみにしていたエビネの花が満開です。

IMG_1539[1]


同じランでも、胡蝶蘭や洋ランとはまた違った、野生ならではのとした感じがあります。



さて、これだけ良い天気が続くと、遅れていたびわの仕事もはかどります。快調です。

そして、毎日朝から夕方まで山の中で過ごしていると、とても豊かな気持ちにもなってきます。

それは、常に雄大な自然の中にいることを実感できているからでしょうか。

IMG_1561[1]


かつての職場では、残業して溜まりに溜まった事務をこなさなければいけない時、Youtubeで作業用BGMを検索して聞いていました。BGMがあるほうが、焦りや苦痛を感じなくて済む気がしたんですよね。

市民マラソンに参加した時も、音楽がないと長距離走れないなぁと痛感しました。曲によっては、辛さを和らげてくれるだけでなく、速く走れるような錯覚に陥ることができました。特に、ロッキーのテーマを聞いていると、前を走っている人をびゅんびゅん抜きたくなる衝動にかられ。。。単純だけど、音楽の効果って凄いです。

そういえば最近、夜間のジョギング中にイヤホンで音楽を聞いていた女性が不審者に襲われたという事件をニュースで見ました。ちょっと無防備すぎるのではという議論もありましたが、それはおいといて

やっぱり人は、終わりが見えない課題に取り組まなければいけない時、好きな音が欲しくなるんだなぁと。

IMG_1601[1]


ところが、当農園が今取り組んでいるびわの袋かけも、いつ完了できるか分からない、単調で果てしない作業ではあるのですが、音楽を聞かないとやってられない、というのは全然ないんです。

なぜなら、山の中は勝手に音がいっぱいだから

もちろん、人の声や電話のなる音やPCの作動音のような、集中の持続を妨げられる音ではなく

にぎやかなんだけど、心がきゅっとしまって物事に没頭させてくれる、そんな音で溢れているんです。

IMG_1557[1]


風が木々の葉っぱや草むらを揺らす音。竹林の竹がきしむ音。

DSC_7054[1]


しばらく前から大競演を続けているのは、ウグイスたち

部屋の前に来ていたウグイス


一日中、のどかな雰囲気を演出。さながら、ディズニーランドの魅惑のチキルーム(かなり渋いアトラクションですが、行ったことあるかな?)・ジャパニーズVer.といったところ。

ホーホケキョって、なんとなく春の訪れを告げてくれているみたいに思っていましたが

実際は、オスがメスにアピールする求愛の意味だったり、他のオスに自身のテリトリーを主張する目的だったりするようです。

そう聞くと、このオスは歌上手いな~、きっとモテるやろうね〜。人間で言うと、氷室京介か吉川晃司かなとか(世代を感じるが)。

春先は逆に、ホーホケ∇‰$※≠♯∂∽★。。。

ん?この子、まだ練習不足??

と思うことがよくありましたが、徐々にみんな上手になって、うっとりするような歌声を聴かせてくれるようになっています。

トビ


その他、トンビのぴーひょろろ~も程よく物悲しさがあって、けっこう好きです。

カエルたちの合唱は、一瞬ゲコゲコ騒々しいけど、むしろ静けさがより迫ってくる感じ。

IMG_3500

こんな贅沢な音たちを聞けるにもかかわらず、イヤホンで耳をふさいだり、わざわざラジオで人の声を流したりするなんてもったいないと思っちゃうわけなんです。

イノシシなどの獣を狩るハンター達に間違ってライフルで撃たれることのないように、あえてラジオや音楽の音量を大きめに流しながら仕事をしている農家の方もいるみたいですけど。

IMG_1586[1]


自然の音にゆったりと耳を傾けてみたくなったら、ぜひ当農園にお越しくださいね。



『写真でほっこりクイズ②~びわの実を狙う犯人は~』の正解は

IMG_1518[1]


私、アマガエルでした。ちょっと休んでいただけで、びわの実だって知らなかったのよ~。

次回のほっこりクイズも、ご家族で楽しんでください!



房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

福原祐美

千葉県南房総市在住です。
内房線富浦駅から徒歩50分のところにある「福原農園」が仕事場、兼、住まいです。
アラフォーです。

IMG_0153[2]


房州びわを手にとる人に、「びわ農家がどんなことを考えて、どれぐらい手をかけて、びわを育んでいるか」を遠くからでも知っていただけたらなあ、そして福原農園をもっと身近に感じていただけたら嬉しいなあという気持ちでおります。

最近まで20年くらい福祉のお仕事に就いていましたが、突如、自然豊かな南房総で就農することを思い立ちました。

「対人のお仕事から作物を育てるお仕事へ」「都会の喧騒に囲まれた生活からTHE田舎暮らしへ」「独身貴族から農家の長男の嫁に」。。。といういくつもの転身を経て日々感じていることも、好き勝手に書こうと思っています。

色々な方と交流することでより人生は深まると考えておりますので、コメントはお気軽にどうぞ。いつでもお待ちしています。