スズメバチ戦記

びわってこんな風に育ててるんだ
08 /28 2017
こんにちは。福原です。

こちらでは、あちこちの田んぼで稲刈りが始まりました。

IMG_2851[1]

当農園でも昔はお米を作っていたものの、今は田んぼだったところもびわ栽培に充てています。米の価格が安い現在では、米作りで利益を上げるのは大変です。よその田んぼの黄金色に輝く稲穂を見ると、日本の蔵はここにありと満たされた気持ちになるのですが。

IMG_2847



さて、当農園では最近、これまでイノシシ除けに毎年設置してきた電柵に代わり、ワイヤーメッシュなるものをびわ山に張り巡らしております。

IMG_2700

電柵の場合は、電気がショートしないようにこまめに草刈りをするなどの管理が大変でしたが、ワイヤーメッシュで囲ってしまえばメンテナンスの手間も減り、物理的にイノシシなどの害獣がびわに近づけなくなります。

IMG_2773

支柱を立てて、メッシュを針金で固定していきます。

IMG_2774

しゃがんで針金をしばっているとすぐさま蚊やアブが襲ってくるので、蚊取り線香をぶら下げて撃退しています。まぁそれでも刺される時は刺されるのですが、お線香の煙に包まれると少しは安心できます。

IMG_2403

当農園は、一応ハイキングコースの中にあるので、ハイカーが通る場所はメッシュではなくネットを張って、またいだり、取り外したりできるようにしました。

IMG_3878


さて、作業の道具を毎回山の上に運ぶのはしんどいので、道具置き場にしている小屋があるのですが。。。

IMG_2755

なんと、ちょっと見ない間に小屋の奥に大きなハチの巣ができているではありませんか!! しかも、直径40〜50センチはありそう。あの白と薄茶色のグラデーションは、間違いなくスズメバチ。巣の周りをウロウロしています。

IMG_3679

小屋に道具を取りに行こうにも、スズメバチが出入りしている中を突破しなくてはいけないので、こ、怖いです。。。

就農してからというもの、ヘビやムカデや毛虫など色々な生き物に出くわし、好きにはなれないけれど、向こうから飛びついてくるわけでもないので見る分には平気になっていますが、ハチは別格

黒目は大きいし、眼光は鋭いし(主観)、ただただ女王様のために自分の命さえ投げ打つ盲目的な強さを持ち、働きバチの彼らに一度ロックオンされたらもう逃げられない感じがしてしまいます。

IMG_3319

上司(である夫)は、「こちらが攻撃する意志を見せなければ、向こうから襲ってくることはないよ」と言っていますが、そう言われてもね。あの「ブオンブオン」という不気味な羽音が近づいてくるだけで、慌ててバタついてしまいます。攻撃の意志はなくても、騒いでいるのを「こいつは怪しい」「 」と判断される可能性だってありますよねぇ。

スズメバチはびわの害虫ではありませんが(むしろびわを食い荒らす他の虫たちを食べてくれる益虫)、このままでは仕事に支障があります。でも、巣を撤去するにしたって、何百匹もスズメバチが住んでいる巣をすんなりポキッと折らせてくれるわけもなく、総攻撃を受けるに決まってます。まずスズメバチの数を減らして、弱体化させるのが良さそうです。そういうわけでスズメバチトラップを仕掛けてみることになりました。

焼酎と糖度の高い飲み物を一定の割合でブレンドし、カッターで穴を開けたペットボトルの中に入れます。今回はオレンジジュースを使用。液体が発酵する香りに誘われて入ってきたスズメバチを捕獲できるという仕組みです。

IMG_2751

スズメバチの飛行ルートに、いくつもトラップを仕掛けます。知らない人が見たら、なんか変な景色ですね。

IMG_2757

1週間後。蟻んちょや蛾など他の虫はたくさん入っていますが、スズメバチは一匹も入っていません。。。アルコール度数が低かったのか、お砂糖が足りなかったのか。なんとも残念。バナナやブドウなどの発酵が進む果物を追加して様子を見ようと思います。

IMG_2793

しかしながら、夏から秋にかけては、スズメバチの活動が最も活発なシーズン。彼らの攻撃性もMAXなのですが、冬になればなんと働きバチ達は一匹残らず死滅するそうです。そうしたら、巣は案外簡単に取り除くことができるかもしれない。つまりは、寒くなるまで待つか。。。

ちなみに、都会に住んでいた頃は、もしスズメバチの巣を見つけても自治体に連絡すれば撤去してもらえると思い込んでいましたが、多くの自治体では「土地の所有者の責任で処理してください」となっているそうです。駆除用の道具や防護服の貸し出し、駆除業者を依頼する場合の補助があるならまだラッキー。あくまでも自己責任なのです。知りませんでした。

てなわけで、スズメバチ達に小屋を占拠された状態がしばらくは続くのでした。。。皆さんも、スズメバチに出会ったら刺激しないように、お気を付けて。

IMG_2930




房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

福原祐美

千葉県南房総市在住です。
内房線富浦駅から徒歩50分のところにある「福原農園」が仕事場、兼、住まいです。
アラフォーです。

IMG_0153[2]


房州びわを手にとる人に、「びわ農家がどんなことを考えて、どれぐらい手をかけて、びわを育んでいるか」を遠くからでも知っていただけたらなあ、そして福原農園をもっと身近に感じていただけたら嬉しいなあという気持ちでおります。

最近まで20年くらい福祉のお仕事に就いていましたが、突如、自然豊かな南房総で就農することを思い立ちました。

「対人のお仕事から作物を育てるお仕事へ」「都会の喧騒に囲まれた生活からTHE田舎暮らしへ」「独身貴族から農家の長男の嫁に」。。。といういくつもの転身を経て日々感じていることも、好き勝手に書こうと思っています。

色々な方と交流することでより人生は深まると考えておりますので、コメントはお気軽にどうぞ。いつでもお待ちしています。