農業研修生をお迎えしました

転職先としての農家を考える
09 /14 2017
こんにちは。福原です。

こちらでは、あちこちでヒガンバナが咲いています。

IMG_3253

ヒガンバナの赤色を見ると、文字通り秋を感じますが、ヒガンバナの仲間にはピンクやオレンジなど色とりどりの品種があるようです。白いものは時々、道端でも見つけることができますね。

IMG_3255


さて、当農園ではこの度、農業研修生を受け入れました。なんと、ご夫婦での参加という珍しいパターン。朝早く栃木県からはるばる車で来られたとのこと。

本来は、宿泊での研修としたいところでしたが、あいにく宿泊場所となるはずの母屋が改修中なので、今回は日帰りとさせていただきました。

IMG_3258

当農園では、HPで農業研修生の募集はしているものの、大々的にではなく、ひっそりと掲載しています(今は、素人嫁の私を指導するので手一杯)。なので、よくうちが農業研修の受け入れをしてること分かったね。。。という感じなのですが

なんでも、ご自宅の庭にびわの木が植えられているそうで、手入れの仕方についてご自分たちなりに勉強、試行錯誤されていたり

IMG_2066[1]

はたまた、おばあさまの皮膚が荒れて困っていた時にびわの葉民間療法を知り、使ってみたらかなりの改善があって驚かれたり

IMG_2333

前々からびわに対し高い関心をお持ちで、そんな縁で当農園のHPにたどり着かれたのだとか。元々千葉県出身のくせに、嫁ぐちょっと前まで房州びわを全く感知していなかった私より、よっぽど情熱がありますな。。。素晴らしい!

IMG_3274

びわの実一つ一つに袋をかけて大きな実で収穫する栽培法は千葉県が北限と言われており、以北の地域ではびわを商業用に育てることは難しいのですが、色々な可能性を探っていらっしゃるとのことで、非常に熱心に農作業の基礎やびわの栽培技術について学ばれていました。

IMG_3234

また、将来的に農業に従事するならば、農協にお任せではなく、自分たちで販売する力を持つ 必要があるというお考えから、ネットでのお取り寄せという販売スタイルである当農園を研修先に選んでくださったようです。

普段からHPやブログ作成に力を入れている我々としては、離れた場所にお住まいの方からもアクセスしていただけることを実感できて嬉しいの一言。

IMG_4207

研修内容は主に、びわ山の草刈り、防風林の整備。。。などでしたが

IMG_3228

なぜ農業を志していらっしゃるのか、地元ではどのような作物が作られていて、新規参入の可能性はどのくらいありそうか、今後についてどんなところに不安があるのか、などを詳しくお聴きし、疑問にお答えするような時間もたっぷりとれたと思います。積極的に質問してくださるので、こちらもついつい熱が入ります。

IMG_3249

お話を伺って感じたことは、お二人が「高齢の両親をそばで見守っていけるように、地元に軸足を置いて働きたい」「それぞれのスキルや経験を活かしながらも、夫婦一緒に一つの仕事に取り組みたい」というお気持ちが強いこと。

私も、この大切なものを守りながら働くという姿勢に勝手にすごく共感しちゃいました。立場は少し違うかもしれませんが、組織あるいは顧客(福祉サービスの利用者様)に対する責任感から結果を出し続けようと、睡眠や食生活、大切な人との関係など後回しにしがちで(自身の要領やバランス感覚の問題ですけどね)、「身を削ってでもやらなきゃいけない仕事って何?」と混乱の末、自分立て直すために就農した人間ですので。

IMG_4216

自身の健康や家族の幸せが確保されてこそ、働くのは楽しいはず。そのあたりを見直せる農家の働き方を、たくさんの仲間と繋がって実践していけたらいいなぁと思った1日でした。

研修生のお二人とは、今後も交流を続けていきたいと思います。それでは、ごきげんよう。

IMG_3265



房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お世話になりました。

 先日は急な研修申し込みにも関わらず温かく迎えてくださりありがとうございました。

 びわの栽培にとどまらず色々な話を聞けたので自分達がやるべきことがまたひとつ具体的になりました。

ありがとうございます。

 手作業の開拓ならば得意?なのでご都合よろしければいつでも呼んで下さい。

つるはしを持って参ります。笑

なら

こちらこそ、お二人の熱心さにたくさんの刺激をいただきました。ありがとうございました。

つるはし、持ってるんですか!?頼もしいです。次回は、農地でなかったところを農地にする大変さを分かち合いましょう!

福原祐美

千葉県南房総市在住です。
内房線富浦駅から徒歩50分のところにある「福原農園」が仕事場、兼、住まいです。
アラフォーです。

IMG_0153[2]


房州びわを手にとる人に、「びわ農家がどんなことを考えて、どれぐらい手をかけて、びわを育んでいるか」を遠くからでも知っていただけたらなあ、そして福原農園をもっと身近に感じていただけたら嬉しいなあという気持ちでおります。

最近まで20年くらい福祉のお仕事に就いていましたが、突如、自然豊かな南房総で就農することを思い立ちました。

「対人のお仕事から作物を育てるお仕事へ」「都会の喧騒に囲まれた生活からTHE田舎暮らしへ」「独身貴族から農家の長男の嫁に」。。。といういくつもの転身を経て日々感じていることも、好き勝手に書こうと思っています。

色々な方と交流することでより人生は深まると考えておりますので、コメントはお気軽にどうぞ。いつでもお待ちしています。