早く農家の身体になりた~い(ベム風に)

転職先としての農家を考える
04 /02 2017
こんにちは。福原です。

4月ですね。信じられないほど冷えますが、4月です。

頑張って咲き始めたもどこか寒そう。。。

DSC_6921[1]


しかしながら、福原農園では、春休みということで甥っ子や姪っ子たちが遊びに来ており、とてもにぎやかな日が続いていました。

あいにく雨が続いたので、外で思い切り遊べませんでしたが、カードゲームや卓球で盛り上がりました。

IMG_1372[1]


びわの倉庫に卓球台があるので、いつでも卓球が出来ます。

そして、高校生の甥が、びわの袋かけも手伝ってくれました。

IMG_1369[1]


飲み込みが早くてびっくり。農園の人材として、将来有望です。


今まで私にとってつながりのなかった人々と同じ屋根の下に集い、家族になっていくってすんごいことだと感じますが、どこからかやってきた長男の嫁を温かく一員として受け入れていただいて、感謝しきりです。

IMG_1371[1]



さてさて、農家に嫁ぐ&転職して、約1か月が経ちました。

仕事面でも生活面でも、本当にここに移り住んでよかったなあと思うことばかり。


とはいえ、やはり辛いことが全くないと言ったらウソになります。


例えば、「寒さ問題」。

(南房総は暖かいって聞いていたけど、北風の強い日に吹きっさらしの山の中で長時間立ち仕事は心が折れそうになっちゃうなあ問題のことです)

あとは、「トイレ問題」も。

(一度山に登ったらそうそう下山できないから、トイレに行きたくなっても我慢しちゃうし、こうなったら山の中で用を足すしかないけど、やっぱりまだ躊躇しちゃうよね問題のこと)

IMG_1327[1]


山深い職場ですから。。。


そして、私の中で今一番克服したい問題は

筋肉痛

慣れないスポーツをした時や登山に行った時など、激しい筋肉痛になったことは過去にも何度かありましたが

ここに来て、痛みを感じるのは、あまり筋肉痛になった記憶がない場所。

首から肩、背中全体の筋肉が張っています。

びわ山で仕事をした日の夜は、もう背後霊が乗っているかのごとく上半身が重くて起きていられません。

翌朝も、体中だるくて布団から出るのがしんどいです。



現在、晴れている日は、大体朝から夕方まで、休憩をはさみつつも、6~7時間山で過ごします。

その際、ほとんどの時間、びわの枝を探したり、びわの実に袋をかけたりして、斜め上を見ている状態。

加えて、自分の腕を伸ばしても届かない場所にあるびわの実に袋をかけるため、かぎ棒という道具で枝を引き寄せます。

IMG_1370[1]


引き寄せた枝は、袋をかけ終わるまで自分の胴体と引っ張りあいっこして、引き寄せた状態をキープしなければなりません。

木の上で、何十分、何時間もびわの枝と綱引き

どうやら、これが首肩背中の筋肉痛の原因だったようです。


日々の仕事でいちいち筋肉痛になっていたら、農家なんて勤まるの?そんなに軟弱で大丈夫?

いえいえ、私も、身体はすぐに農作業に慣れるだろうなんて軽く考えていましたが、一人前のびわ農家になるには、まず肉体改造が必要だったんです!!


農作業では、これまでの会社員生活で酷使することのなかった筋肉を集中的にいじめることになります。

筋肉痛は、筋肉細胞がダメージを受けている状態。

より強い筋肉を作るには、今ある筋肉を一旦壊さなければいけないから。

要は、この痛みは再生のための準備、途中経過の状態だったんですね。

DSC_6924[1]



身体を動かすことの少なかった業界から、農業に転職した人は、みんなが筋肉痛という壁にぶつかるはず。

筋肉組織の細胞が、完全に新しい細胞に入れ替わるには、約2か月かかるそうです。

まずは2か月後の自分を楽しみに。

いずれ身体の変化についてもご報告したいと思います(体重と体脂肪率は除く。。。)。

もし同じ立場の人がいたら、一緒に頑張りたいですね。


とりあえず、作業の前に準備体操をしたり、寝る前にストレッチをしたり

気休めかもしれないけど、バンテリンや栄養ドリンクも活用しながら、びわ農家に必要な筋肉を育てていきます。

それと、肩のマッサージをしてくださったお義姉さまのゴッドハンド

ありがとうございました!


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、クリックお願いいたします。

働くヒトランキング

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

農家のお仕事、お疲れ様です。

こんにちは。
大変なお仕事、頑張っているようですね。
今までは、お金さえ出せばなんでも買える。そんな世界で生きてこらえれたのでしょう。美味しいだけでななく消費者に認められ購入していただける農産物を生産する苦労がわかってくることでしょう。真夏の炎天下で稲刈りなどをしたらもっと大変です。

 筋肉痛などには、すべて血流が良くなることです。スタミナドリンクより、
梅干しや青魚を食べたりニンニク料理を積極的に食べるとすぐに改善してくれます。

  『 美味しいビワを期待していますよ。
     宏美さんも、枇杷山で ” 肥料 ”を掛けてね。』 

Re: 農家のお仕事、お疲れ様です。

権兵衛さん

お忙しい中、初のコメント、誠にありがとうございます。
ホントにおっしゃる通りで、PCで全ての物事を動かし、時間をお金で買うような生活をしていましたから、今、自身の身体一つで、地道かつ根気のいる作業に日々取り組むことの重みを痛感しています。とても新鮮で楽しいですけどね。このブログで、そんな素人ならではの感動を少しずつ伝えていけたらと思っております。

梅干しやニンニクは、毎日食べています!でも、そんな簡単に農民仕様の身体にはなれるわけないので、焦らず頑張っていきたいです。

今後ともよろしくお願いいたします。


> こんにちは。
> 大変なお仕事、頑張っているようですね。
> 今までは、お金さえ出せばなんでも買える。そんな世界で生きてこらえれたのでしょう。美味しいだけでななく消費者に認められ購入していただける農産物を生産する苦労がわかってくることでしょう。真夏の炎天下で稲刈りなどをしたらもっと大変です。
>
>  筋肉痛などには、すべて血流が良くなることです。スタミナドリンクより、
> 梅干しや青魚を食べたりニンニク料理を積極的に食べるとすぐに改善してくれます。
>
>   『 美味しいビワを期待していますよ。
>      宏美さんも、枇杷山で ” 肥料 ”を掛けてね。』 

福原祐美

千葉県南房総市在住です。
内房線富浦駅から徒歩50分のところにある「福原農園」が仕事場、兼、住まいです。
アラフォーです。

IMG_0153[2]


房州びわを手にとる人に、「びわ農家がどんなことを考えて、どれぐらい手をかけて、びわを育んでいるか」を遠くからでも知っていただけたらなあ、そして福原農園をもっと身近に感じていただけたら嬉しいなあという気持ちでおります。

最近まで20年くらい福祉のお仕事に就いていましたが、突如、自然豊かな南房総で就農することを思い立ちました。

「対人のお仕事から作物を育てるお仕事へ」「都会の喧騒に囲まれた生活からTHE田舎暮らしへ」「独身貴族から農家の長男の嫁に」。。。といういくつもの転身を経て日々感じていることも、好き勝手に書こうと思っています。

色々な方と交流することでより人生は深まると考えておりますので、コメントはお気軽にどうぞ。いつでもお待ちしています。