FC2ブログ

やりたくても出来ない仕事

転職先としての農家を考える
10 /16 2018
房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから


こんにちは。びわ農家2年目の福原です。家の周りには、コスモスの花が儚げに揺れています。ちょっとずつ違うピンクが可愛らしい。

1A884316-E460-4585-BABC-719C1EDBA91F

今月始めの台風で枯れかけたものの、新しいが次々と開いて、道行く人に安らぎを与えてくれています。

2DC3A08C-2F4D-42C8-AAE1-CAAD05971FA1


さて、今日のお仕事の現場は、びわハウス

5C523C80-036E-4A04-8FBE-70870EDAA41E

今月初めの台風で、ビニールハウスの鉄骨が曲がったり、ビニールが破れてしまったりしたところがあったので、その修理に来ました。

34138F70-099A-427E-9A6E-05C9F60DB0E4

鉄パイプが曲がるって。。。どんだけの強い風だったのかと驚いてしまいますね。

びわの実は寒さに弱く、毎年、山のびわの何パーセントかは冷気で死んでしまいます。一方、ハウスのびわは、冬は暖房を炊いて温度管理することができます。

IMG_4329

(ハウス用暖房機)

しかし、ハウスの天井のビニールがピシッと張られていないと温風が外に漏れ、暖房効率が著しく悪くなってしまいます。

4920206E-3C7F-4A25-AEE8-7BD7BD62D5EF

(真冬は閉め切る)

そんなわけで、上司から「上に登って、ビニールが(これ以上)破られないように固定しといて 」と指示されました。

私もなんだか「青空の下での作業は、鳶(とび)職気分が味わえて楽しそう。わっほ~い 」と二つ返事でハシゴを登って行きましたが。。。

479FE6F1-C17F-4A5A-B7A8-916A62F5C364

(張り切って、ニッカポッカ風のズボンまではいてきた人)

えぇ!! 思ったより高い。。。

上司いわく、「ハウスに登るのは、びわ農家必須のスキルだよ 」と。そりゃあ、分かりますけどね。てか、自分でもやれるつもりでしたし、これっぽっちもやりたくないという気持ちなどありませんでしたが

ハシゴを登り切って手を付いたっきり、何も身動きできん。。。

A4FBEE5E-EEF2-44ED-BC71-D8424D0D9304

(ちょっとでも動いたら落ちる!?)

だってだって、普通、人間て地上4~5メートル付近で命綱も手すりもないのに立ったり、作業したりできますっけ?

あはは、あなた、びわ農家でしょ。そうだ、私はびわ農家だったわ。いつも、びわの木の上で作業しているぢゃないか。脚立に乗ったり、木に登ったり、最近では高所作業車に乗ったりしているぞ。

CC61249F-9166-48A3-B440-64FCD3FFC5A7

そろそろこのくらいの高さの場所で作業するのは慣れてきたはず。でも、どうしてハウスの上だとこんなに怖いの?

1AE00343-3478-442A-BB3E-86B87B0AD9E8

(地面がかすんで見える)

びわの木の上で作業している時は、もし木から落ちそうになっても幹や枝につかまればいいし、びわの葉に包まれているからでしょうか、そこまで絶望的な怖さはないんですよね。

F7A573B8-E321-4A5F-B2EE-669F8681F302

(特にたわわなびわを収穫していると、不安定な木の上にいることも忘れてしまうほど)

それに比べてハウスと来たら、足を掛けるところがない。掴まるところもない。鉄骨の上に足を置くのみです。

0362092D-ECFB-48AC-B43B-3E3924AE42A5

(まるでスパイダー)

しかも、少しでも鉄骨から足がズレれば、ビニールが私の体重に耐えかねて切れてしまいそうだし、下手したらズボッと身体ごとビニールを突き破って下に落ちることも考えられます。ビニールが透明で下が見えちゃうのもドキドキする一因かと。

上司(である夫)も「え?出来ない?そう? 」と意外そう。

A3DB0A23-A4ED-4731-B0A2-AC23DE1D73A9

(私もそこ歩きたい)

なんか情けないやら悔しいやら申し訳ないやら。

害虫の毛虫を踏んで殺害するのだって、蜂の巣の前で草むしりするのだって、ミミズがいっぱいの泥の中に入るのだって、やりたかないけどさ、でも農家になったからには大概のことは嫌がらずにやっているつもりなのですが

できたてのスズメバチの巣

(スズメバチの巣にだって今や驚かない)

今日は 無理って言ったら無理 なんだよぉ。。。

たぶんこれは練習したり、場数を踏んだりすれば平気になるというものでもないと思いました。持って生まれた感覚があるかないかではないでしょうか。

489A9810-4DA9-48FA-A8CA-A7E13AE7E8F7

あぁ、屋根の上で働く全国の鳶職の皆さん、心から尊敬。これから、鳶職さんに会ったら「兄貴」って呼んでしまいそうです。

もちろん、高所の仕事では、転落事故が多いことも事実。高所のプロでも、集中力や注意力、安全意識は常に意識して高めていらっしゃることでしょう。そんな簡単な仕事でないことは明白。

CF4FAA3B-8125-45E6-9689-C4102287C958

(びわ農家も実は怪我が多い)

それにしても、これまでの職業人生では、仕事は選んではいけないと考えてきましたし、人がやりたがらない仕事ほど進んで引き受けるほうだったので、やりたいのに出来ない仕事があるってなかなか認めたくないのです。

重い物を運搬するとか長時間の肉体労働とか、見るからに女性や初心者には難しそうな作業であればまぁ納得できるのですが、ハウスの上で働くことは何となくできそうな気がしていただけにあきらめきれず。

今や、女性が重機を操作したり、宇宙飛行士になったり、やる気さえあればどんな仕事にも門戸が開かれている時代ですからね。私も出来るだけチャレンジしたい!

E91E6508-20F5-4A99-89A7-055AF61FB597

でも、私にとって農家への転職は、仕事依存からの脱却の意味もありました。人に仕事を振るのが苦手、手伝ってと言えない、無理してでも仕事を引き受けてしまう、といった自分本位な体質を

できないことはできないと言う、得意な人に任せる、人と比べずに自分に与えられたことを精いっぱいやって達成感を得る、など持続可能な体質に変わるチャンスなのかもしれません。農家になったことが。

BEF51E03-72B2-48BA-A42C-2D487FAEAC2F

びわ農家の仕事には、私ができないことがまだまだたくさんあります。それらを、練習してできるようになるべきなのか、できる人に任せて自分は他で頑張るべきか、の見極めを冷静にしていきたいです。

それではまた。いつもお読みただいてありがとうございます。

ED9A7801-4D67-4768-A8F0-D9DC075334FF

(花びらの形が変異した白いコスモス)


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、下のランキングボタンのクリックをお願いいたします。

農家ランキングへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
スポンサーサイト

身近なあの子のアートに気付く

びわってこんな風に育ててるんだ
10 /11 2018
房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから


こんにちは。びわ農家2年目の福原です。早いもので、山ではミカンが色付いて来ました。

13CD22F4-5B6D-406B-9385-AB4FD7C05EEB

まだ味は酸っぱいですけど、ビタミンCを摂ってる感があり、ちょこちょこもいで食べています。

温州ミカンの色づき始め


さて、現在取り組んでいるのは、びわの木の根っ子を切断する仕事です。へぇ、そんな仕事あるの? と思われるかもしれません。話せば長いのですが(またか)、それはこういう訳です。

福原農園では、びわの苗木は自前のものを使っています。つまり、苗木を購入するのではなく、種から育てているということ。

529D2065-3166-4EEB-90AC-244FB2B5C5BB

(苗木のストック)

まず、びわを食べた後の種を適当に?黒ポット(植木鉢)に植えます。芽が出てきたら、しばらく幹が太くなるまで置いといて(これを台木(だいき)と言います)

1423C914-10B1-453B-8048-AD1B02A11784

今度は、美味しいこと間違いなしのびわの木の枝をちょきん と切って(これを接ぎ穂(つぎほ)と言います)

AA5FA884-B02D-4016-87FC-ED286DCA66F6

台木と接ぎ穂を接着させ

BDD7D821-54FE-4CD8-B2BA-7DF4AA11061E

(縫合手術後は包帯で保護)

さらに大きく育てると、品種のはっきりしたびわ、かつ丈夫なびわの苗木が出来ます。(詳しくは過去の記事→「繁忙期以外何してる?(冬編)」)

この苗木たちは、ある程度成長するまでは強風や害獣にやられないよう、ハウスの中で保管し、種から数えて5年前後で山に移植します。

67058BC5-1922-4976-80C0-D51CD50C01E6

ところが、移植にふさわしくない季節だったり、山によって「ここの土は、あの品種じゃないとダメ 」など色々な制約もあり、植え付けのタイミングを逸してしまうことがあります。

そうすると、苗木はポットの中でどんどんでっかくなっていき、ポットの土だけでは十分に水分や養分を吸収することが出来ず。。。

26B617A2-8E6A-44D5-927F-8F36A83C3B4D

(苗木らしからぬ、幹の太さ)

根っ子がポットの底穴から飛び出して、地面にもぐり込んでしまうのです。植物の生きようとする意志と力強さを感じます。

668D6E05-290B-4AE6-AF22-9C30830B49EC

しかし、晴れて、さぁ、山に持ってって植え付けるぞ~ という時になったら、ポットを引っ張っても、揺らしてもビクともしない。。。どうしまひょ。

このままポットの中で人生を送らせる訳にもいかない ので、可哀想だけど根っ子を切断する他ないということになるんです。

根っ子と言っても、私の指よりよっぽど太くなっているので、簡単には地面から離れてくれません。

76232C49-DBF2-46FD-8112-A69F01A77F12

(ノコギリでギコギコ)

切れた~ と思っても、根っ子は何本も地面に入っており、思いのほか骨の折れる作業です。

F8CE032D-3191-4BEB-8518-B48404E45CB7

ようやく地面と切り離せたら、今度は苗木の幹を切断してしまいます。え〜ここまで大きくしてきたのに何で〜もったいない と思っちゃいますが、根っ子を切られた今、上まで水分や養分を運ぶのは木にとってとても負担なのです。

当面は体力の回復に専念してもらうために、上部もカットするのでした。びわよ、ゴメンね。

C305462D-BE77-4D52-A7F0-1DB1580F0F62

これって人間で言えば、食事の量を減らされる→お腹空かないようにやりたいことも制限される、みたいなこと。なんかひもじくて辛い、不健康ダイエットを想像してしまいました。。。

というわけで、今後は苗木たちを程よいタイミングで、安心して根を張れる場所に移してあげられるよう努めていきたいと思います。

ところで、苗木の根っ子を切っている時に見つけたのですが、ポットの側面に不可思議な模様が!!

FFB0DB57-AD23-49FC-B187-B1BA0C2B524B

ちょっと気味が悪いです。たぶんだけど、これは植物ではなく、何か虫系の仕業だろうなぁ。。。と直感的に感じました。

前に見たことのある絵描き虫(ハモグリバエの幼虫。葉の中を食べ進む)に似ていると一瞬思いましたけど、絵描き虫はプラスチックのポットには用はなさそうだし、第一、奴の描く絵より、今回のはもっとアーティスティック

DDB5BD2D-6383-4813-8873-609F0E7CB72E

(絵描き虫の被害)

よく見ると、凄く細かい波波なのです。これが小さな生き物の仕業だとしたら、むしろあっぱれじゃないですか!? 作物は傷つけてないわけだしね。

258351343_624_v1539255821.jpg

私は、ポットにこの模様を付けた何者かの名前をどうしても知りたくなりました。

話が少しそれますが、前回の記事(→「どうでもいい古民家ミステリー」)。びわとも農業とも関係ないし、ほんの遊び心で書いたネタだったのに思わぬ反響があり、「ふふ〜ん。世の中の人はミステリーというものが好きなのねぇ 」とミステリーに味を占めた私。

だから今回も、ミステリーで行かせていただきます!

さらに、もひとつ脱線。実は去年、「写真でほっこりクイズ 」なる記事をシリーズで紹介していたので、今回もそうしようと思いましたが、この模様ではほっこりできない!

土手で捕まえた野ネズミ

(過去のほっこり写真)

もちろん、自然界には人間にとってほっこりするものより、共感できない、気持ち悪いものの方が断然多い ので、ほっこりクイズはなかなか日の目を見ないのでした。。。(ほっこりクイズは→こちら

さて、不思議模様に話を戻すと、なーんか、小さなイモムシ的なものが行ったり来たりしながら這い進んだようにも見えます。そうだったら、なんかヤダな。イモムシには悪いけれど。

でも、うねうねする意味が全く分かりません。前に進みたいんなら、まっすぐ進めばいいじゃんとツッコミを入れたくなってしまいます。それとも、うねうねする目的が何かあるのかしら。あえて腹筋を鍛えてるとか??

889283F9-990F-454A-B063-E1F2816473F5

(ヘアピンカーブで埋め尽くされている)

出来るだけ距離を稼ぎたい理由。万歩計を付けているとか。。。じゃなくて、もしかして何かをたくさん食べたいのでは。ポットの表面にはが生えています。これです、きっと。

123924E6-F410-4D52-AA03-77F9C5E9A9E4

(うっすら緑がかっている)

では、苔が大好きな生き物はと言うと。。。







カタツムリ

今回の犯人はカタツムリだったんです。カタツムリの口には、猫の舌のような細かいギザギザが付いていて、それで苔を削り取って食べているそうです。首を振り振りしながらちょっとずつ前進すると、あんな模様になるのか。。。ちょっと食い意地張っているぞ。

IMG_2421

カタツムリの通った跡と言えば、ネバネバが残るのでキラキラ光るイメージでしたが、長い時間が経つとそれも目立たなくなるのでしょう。しかし、削り取った苔と削られなかった部分のコントラストはそのまま芸術としてひっそりと残っているのでした。

この模様は、実は都会でも日常的に見られる はずなのです。ジメジメした場所にあるガードレールや看板など、苔が生えているものなら何にでも。でも、私はこの模様、都会に住んでいた頃は一度も見たことがなかったと思います。

見つけられなかったのではなく、彼らの軌跡に気付く心のゆとりを見失っていたということかと我が身を振り返ります。

5B03CB39-44BC-482B-A788-B1B89D986D4C

(日本イモリは全国どこにでも生息しているのに、こんなにお腹が赤いって知らなかった)

小さな生き物の生態にも目を向けられる農家の生活が私はけっこう好きなのですよ。それではまた。



房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、下のランキングボタンのクリックをお願いいたします。

農家ランキングへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

どうでもいい古民家ミステリー

田舎暮らしびっくり体験
10 /05 2018
房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから


こんにちは。びわ農家になって2年目の福原です。青柚子を収穫しました。

A8301CC0-5A90-417A-A212-ACAA77D9D10D

焼き魚に絞っても、皮を刻んで麺類に散らしても、この上なく爽やかな香りを楽しむことができます。

E291B33B-9556-45BE-842B-FB2841853EB7

(漬物に入れて色も楽しむ)

時間のある時に柚子胡椒も作り置きしておきたいと思います。


ちょいと、近況報告です。福原農園では、びわの選別、発送に使っている倉庫が手狭になってきたので、この度増築いたしました。

7A934097-8CE6-4082-BC4B-9C37F735CE53

びわ関係の資材は、びわの実にかける袋の他、発送用の化粧箱、クッション材、ダンボール。。。とけっこうたくさんあり、毎年置き場所には苦労してきました。

B74B95CB-95D6-49F6-933A-5B91860AA186

2018のびわは残念ながら不作でしたが(詳しくは過去の記事→「猛省の6月とこれから」)、今後はびわの収穫量も発送数も増やす方向で考えているので、倉庫が広くなって安心です。皆さまも、びわの時期になったら遊びに(働きに)来てくださ〜い。

DA53AEE1-060F-4C42-A6F6-486274254DCB

(嬉しくて、無意味にぶら下がる)


さてさて、久しぶりに我が家について書かせていただきます。

私は、ふとどきにも結婚前から、築300年(と言われている)の福原農園の母屋を人が住めるように直して新居にしたい と考えていました(詳しくは過去の記事→「古民家ノスタルジィ<着工>」)。

IMG_8376

すったもんだの末に改修工事が終わり、引っ越してきてちょうど9か月ほど経ちました。おかげさまで、見た目は古民家、機能は現代風(高気密高断熱)な家は、本当に住み心地が良いです。

IMG_8405

気温や湿度に関して、ジメジメする時期も猛暑の季節も困ったことはありませんし、江戸時代に組まれたという立体的な梁を見る度に「新築でなくてリフォームにしてよかった~(お金は余計にかかったけど) 」と思いつつ、今でもうっとりしています。

8C1E915B-13E7-40FC-BE69-418055C89BE6

想定外だったことがあるとすれば、高気密高断熱過ぎて?壁を隔てると無線LANルーターの電波が弱くなってしまうこと。中継器を置いたら大丈夫でしたけど、木造建築でも断熱材が分厚いとWi-Fiが遮断されやすいんですかねぇ。

91AA42A0-459A-45AA-9C6D-6378C585EB08

それはそうと、古い家では色々不思議なことが起きるもので。。。

ある日、お隣さんから「夜、こっちに走ってくる足音が聞こえるよ 」と言われたんです。苦情ではなく(たぶん)明るい感じで。でもお隣さん側にある部屋は客間なので、走るどころか普段あまり使わない部屋。おかしいですよね。

619D0FF0-C52B-438E-86AA-1754C89FC2A1

(江戸時代から間取りは同じ)

それから、畳や板の間に黒いツブツブが落ちていることがあるんです。昔は囲炉裏があった家なので、天井に溜まったすすが何かのきっかけで下に落ちてくることはあるんですけど、掃除機をかけた直後だったりすると二度見してしまいます。屋根裏で誰かがドンドンやってるのかしら? なんて。

2D4C67E4-1242-4CEC-80EB-43AD38AFD58D

また先日は、玄関の戸がカラカラと開いた音がしたので、家族が入ってきたのかと思っていたら、気のせいだったり。窓がトントンされたと思って見に行くと、誰も居なかったりすることも。

私は、幽霊とかお化けとかあまり怖がらないほうなのでそんなに困ってはいませんが、こう何度もあるとちょっと気になるかなぁ。

で、私が行きついた結論

これはおそらく、我が家には座敷わらしがいるね!!(わくわく)

youkai_zashikiwarashi.png

座敷わらしは、見た人に幸福をもたらす と言われている日本の妖怪です。築300年なんだから、わらしの一人やふたり住んでいても全然おかしくないし、もしかしたら「勝手にリフォームなんかして〜 」って怒っているのかもしれません。

だから、「多少のいたずらは大目に見てあげないとね~ 」と妙に納得して暮らしていたのですが、ある日のこと。

199F82BE-5DEC-4DBE-94A0-EA172A95870E

乳白色の染み。ポタッと落ちて、そのまま乾いて固まっている感じです。上を見上げても、天井や鴨居があるのみで白い液体が落ちてくる理由が分かりません。この染みは、忘れた頃にまた一滴、また一滴と家のあちこちに現れるようになったのです。

ホコリや木屑などのゴミが落ちているなら分かるんですよ。いつものことって別に驚かないんですが、白い染みってけっこう目立つし、気になります。

FD715A0A-413C-4BFE-9BDC-D64E4EB9BAF5

(年季の入った大黒柱。過去に虫が入っていた穴から色々出てくる)

始めの頃は、「リフォーム工事の際の接着剤か塗料か何かかな? 」と思い込んでいました。でも、程無くして、住み始めた時には絶対染みなんかなかった ところにも落ちているのを発見。これは間違いなく、工事の時じゃない、最近落ちたものだ。。。一体なんだろう。。。

84E05D3D-FD90-4293-B32F-E67E7846F950

(水拭きすると、すぐにとれるのだが)

あ~はいはい。分かっちゃいましたよ~。ウロウロしながら歯磨きした時に歯磨き粉が垂れたやつだ!(←行儀悪い) いや、違うな。先月購入した脱衣場の珪藻土マットか。この粉が床に飛んで、湿った足で踏んだり歩きまわったりするとこうなるのかも。

D4ED190C-2BFE-4CF7-A670-16B8AE32DCB8

。。。とまたまた自分なりに解決したつもりになっていた私なのですが

しばらくして今度は、玄関にあの白丸の染みが。。。玄関? さすがに、歯磨き粉の線も珪藻土マットの線も消えましたね。

じゃぁ、なんなんですか!! この白い丸い染みは?(さぁ、一緒に考えよう)

675AF1E7-C4D2-4A2D-9B78-2E64004DD810

まさか、これも座敷わらしの仕業?? わらしの鼻水?よだれ? はたまた牛乳をこぼしたとか。。。座敷童は5歳くらいの子どもだと聞くので、牛乳は好きなのかもしれません。そういえば、妖怪って歯を磨くのかな?

ずいぶん長い期間あれこれ推理を働かせていたところ、今頃になってネットで調べてみることを思い立ち、検索をかけてみたのです。

あの白い丸い染みの正体は!!!







=> クモのうんち が正解でした~。

2061F441-379D-46E2-9376-BBCE42218CCE

そういえば、生き物の糞という発想がなぜかなかったですわ。。。正確には、うちでよく見かけるアシダカグモさんの糞でした。

この子は、ハエやゴキブリをパクパク食べてくれるのに、人間には一切危害を加えない、クモの巣も張らないタイプ、しかもウンチはたまにでめっちゃ少量(無臭)。染みくらいは温かく受け止めてやろう。。。

2D4CB99D-8052-4583-8B00-CC4878386894

(さりげなく用を足している)

そんなわけで、奇奇怪怪な現象が日々起きるのが古民家なのですが、大体が虫関係、山から吹きおろす大風の音、木材の収縮音、あるいは古民家特有の建築様式などで説明がつくのでした(冒頭のものも全て)。大変お騒がせして申し訳ございませんでした。

でも私は、座敷わらしが住んでいる可能性は、まだ捨てていないのですよ。もし会えたら、もてなして仲良くなりたいと思っているのです。皆さまのおうちでは、どんな不思議現象がありますかしら。それではまたお会いしましょう。

026C949D-3F0D-423E-8A51-0F28C579CA81

(けっこう寂しがり屋で、人間のいる部屋に来たがる)


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、下のランキングボタンのクリックをお願いいたします。

農家ランキングへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

台風でびわと一緒に強くなる

びわってこんな風に育ててるんだ
10 /02 2018
房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから


こんにちは。びわ農家になって2年目の福原です。台風24号が関東に接近した翌朝、強風によって栗がたくさん落ちていました。

664E216A-090E-4DD8-A760-69E4FE0DE9A1

(泥の中から拾ってきた)

よく見ると、見慣れない栗も。普通の栗はイガにあるトゲトゲで動物に食べられにくくなっていますが、これはトゲが目立たずコロンとしています。

7F496A19-59C7-4877-8D47-8BCE1B31CA1D

(模様もなんかかわいい)

トゲなし栗の中身は普通の栗と変わらないです。トゲが刺さって痛い思いをしなくていい分、栗拾いが楽しくなる栗だと思います。

81E08DF8-FAD5-4FBC-B8CA-7D181E55438B


さてさて、本題。今回も台風の威力が凄まじかったですね。まだ停電が続いている地域もあるとのこと。

36F037E3-E606-4159-96D6-FAD5F0EDE4E1

TVで台風関連のニュースを観ていて、電車のホームから溢れかえる人たちや、バスやタクシーの列に長時間並ぶ人たちの映像が流れると、都内に通勤していた頃を思い出します。

news3486934_38.jpg

地下鉄東西線の運転が強風の度にストップするため、「明日の朝一のアポに間に合わなかったらどうしよう 」とか、「今日中に家に帰れるだろうか 」とか、毎回ハラハラさせられていました。

便利で快適な暮らしと、交通機関がひとたび麻痺した時の身動きのとれなさとは、表裏一体かもしれないなぁと思いつつ、都会に住む皆さま、通勤通学している皆さまの無事な帰宅を祈らざるを得ません。

evt18100110570009-m1.jpg

一方、昨年から田舎暮らしになった私は、逆に悪天候の時は家から一歩も出ず過ごすようになりました。危ないですからね。。。ニュースキャスターの「不要不急の外出は避けてください 」「くれぐれも水路は見に行かないでください 」という呼びかけをちゃんと守っている形です。

その代わり、農家は台風が通り過ぎた後が忙しいです。被害があれば、後始末をしなくてはなりません。

福原農園では、建造物の破損もたくさんありましたが

34138F70-099A-427E-9A6E-05C9F60DB0E4

(鉄パイプが折れ、ビニールが破れたハウス)

87706F88-0F41-4ED8-8B42-20175FC96B11

(倉庫の屋根が欠落)

最もダメージが懸念されるのは、風雨にさらされた植物たち。

0F814495-9BE4-4E2E-9FD8-74FBA892C7F0

(折れた枝で地面が埋め尽くされている栗畑)

87430BE6-30C9-4DA5-A36D-B5BE8DB19A16

(なぎ倒された畑の野菜たち)

052E6707-0A75-4B18-AB28-1250E6C9E01A

(咲いたばかりのコスモスも無残な姿に)

さらに、今回の台風の痛手は、潮風の影響が大きかったことにあります。

沿岸部の農作物は、塩分を多く含んだ風が吹き付けることによって、葉っぱが傷んだり、土壌の塩分濃度が高くなったりして生育に支障をきたします。強風と同時に土砂降りになった場合は雨で塩が流されますが、残念ながら今回はそうなりませんでした。

62723FF3-72AC-425D-9FA4-5790F425C6E8

(塩害を受けた葉っぱは黒っぽくなる)

福原農園は海から3キロほど離れているものの、あの強風ですから、斜面の方角によってはびわの木に塩害が起きてもおかしくありません。

私は正直、家の周りの被害状況を見ただけでも気分が落ちてしまったのですが、やっぱり山のびわ達がとても心配。手分けしてびわ山の点検に向かいました。そこで、想像を超える光景を目にしました。

4124E016-4B71-4F06-9EC2-E1F4FAF0E4C7

(軽トラを阻むスギの倒木)

31FD9237-0705-4D0E-A45C-3518FEC683A9

(こっちも倒木。何とかしないと通行できない)

72CFFB7C-0D9A-498C-81E4-7C4D3E5B5E91

(倒木の衝撃で潰れたイノシシ除けの柵)

9FFB0D73-B074-4C15-B4BE-E438901735CF

(根元から折れた竹が、横からびわの木に突き刺さっている)

0F0E8D01-DB67-46AD-AB20-BCE9318D451A

(びわの枝が折れているなんて、もうザラ。せっかく付いた蕾が台無し)

8B64D68C-3E47-445D-8812-48D204FDEA3E

(害虫が中を食い進んで、もろくなっていた枝ほど風で折れやすい)

一番私がショックだったのは、樹齢四半世紀は経っているであろうびわの大木が何本も倒れていたことです。

20B1CE9F-AECA-496F-ACF5-78E288D89289


C46F9457-81AD-4303-9446-5DE7374BE9EB


びわの根は地下の浅いところにしか張れないため、頭でっかち状態のびわは大風には弱いと知っていましたが、実際に目の前で見ると信じたくない気持ちになりました。

しかしながら、倒れたびわの木は死んでしまったわけではなく、わずかに繋がっている根から水分と養分を吸い上げながら生き続けます。根っ子はやわだけど、生命力は強い子なのです。

無理やり添え木などして起こしても、また倒れてしまう可能性が高く、びわの木も余計に疲れてしまうので、それはやりません。

強風で倒れたびわの木

これらのびわの木は、しばらくは傷ついた箇所の再生にエネルギーが使われることから、来年は実を付けさせずに休ませることになると思います。あ~来年こそは豊作を願っていたのに!! 生産者の苦労をいとも簡単に踏みにじる台風って残酷なものですね。

今回の台風で収穫を挙げるとすれば、毎年台風のどさくさに紛れて農地を荒らしに来るイノシシ(ぬかるんだ場所が大好き)が、侵入した形跡がどこにもなかったことです。今年の猛暑の中で設置したイノシシ対策の柵が、台風の中でも山をしっかり守ってくれました。今回、その防御力が証明されたのです。

2D7F9AA7-CE11-4669-9C2F-EC52FE24A86A


6F9BAB86-625C-4AFD-AC4A-2294D37E6041

(一部、電気柵の電線に飛んできた枝が引っかかり漏電している箇所も。イノシシが見つける前に修復しよう)

まだ全てのびわ山を見回ることができていないのですが、以上のように、一度の台風で山全体は様々な負の影響を受けます。でも、自然の力を間近で見せつけられることも生産者の宿命。人的被害がなかったことを幸いとして、明日もまた台風の後始末に取り組んでいきます。びわのようにあきらめず。

2DAB3E66-45D8-4E01-AE01-7764981304C2

(台風前は何もなかった場所に、山の上から落ちてきたらしき大石。人に当たったら命はなかった)

6AF1A7BE-0773-4AAD-AC6A-1A39C25D513E

(倒木は重いので、少しずつ切り分けて運ぶ)

皆さまも、次の台風が近づいていますので、何卒安全にお過ごしくださいね。それではまた。

D119B352-A057-487A-B932-03224D5B8297

(道に敷き詰められたスギの葉の絨毯。一気に秋の彩りではある)


房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、下のランキングボタンのクリックをお願いいたします。

農家ランキングへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

きちゃない農家の日常と苦悩

農家の生活あるある
09 /27 2018
房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから


こんにちは。びわ農家になって2年目の福原です。田舎では、どこの道端でもヒガンバナを見ることが出来ます。

D78F43D1-E2FA-42BA-9485-FCC7F64C6899

びわ山にも、知らぬ間にニョキニョキ生えています。球根が斜面を転がってどんどん増えるという、その繁殖力もさることながら

D9B892BC-C06F-439F-8D4C-85DF039E5338

(後ろがびわの木)

ヒガンバナは、実は過去に農家の手で植えられた可能性が高いそうです。球根に含まれる毒で、田んぼを荒らすモグラなどの小動物を撃退する目的だったとか。なるほど、だから都会ではあんまり見る機会のない花だったのですね。

F31E30CD-CB90-4551-90AF-D15C309C3E0B


さて、福原農園では現在、びわの苗木の植え付けを進めています。

1本で数百個の実を付けるような、農園の主力のびわの木のほとんどは、おじいちゃんの代かそれ以前に植えられたものです。もう、いつ寿命が来てもおかしくありません。

868FF223-E5E6-450A-98C7-00CA8D79B3D3

私のようなアラフォーびわ農家が、生涯現役?でびわの仕事を続けるためには、30年後くらいまでを見据えて、今から新しい木も育てていかなければいけないということ。

まず、将来びわ山にするつもりの農地に穴を掘り

E7FDC58E-FCBF-4F69-9FD8-309AE6EE8EAE

(40~50センチの深さまでしっかり)

肥料を入れて(元肥=もとごえ と言います)

AF870DAC-A7E2-48C1-AC67-F71B8827735C

苗木をポットからカポッと出し

4D9E32B6-C295-48F6-B647-275B895900FF

掘った穴に、土の塊ごとスポッと入れたら

28F21A96-BBF7-40AB-88CB-8FDC9AAB8A9A

土をかぶせて完了です。

9EAD8896-1028-494E-8F2E-F2A1BC297DD1

難しくない作業なのですが、この辺りの土質は粘度が高いので、穴を何個も掘っているうちに手に豆が出来たり、腰痛が発生したりしてけっこう大変です。

5384EE8C-F081-43AB-AB53-B9A87A48F148

でも、たくさんの苗木が植え終わると、なかなか良い気分。びわの木は、苗木にするまでにすでに4~5年、移植してからも実が収穫できるようになるまで、さらに数年かかりますが、自分の植えたびわが出来るのが楽しみです。

ところで、苗木を植える用の穴を掘っていると、たまに穴の中の水位が見る見るうちに上がってくることがあります。

D14558A5-B56B-4E36-A0FE-7002AB2D2ACE


これは、この土地の排水が上手くいっていないことを示しています。このままでは、雨が降った後に山から流れ込む水がいつまでも地中にとどまってしまい、びわの根っこが腐ってしまう恐れがあります。

そんなわけで、今度は排水路(いわゆるドブ)を掘ることに。。。

F277DCAC-FA2F-4A51-A97C-2B78555003D8


ユンボを使えばいいのですが(→前回の記事「図らずも、ユンボに乗っちゃってます」)、まだ覚えたてで自信がないので、今回は手で掘り進めました!

BBF33381-7F73-4C30-B628-30103EB91665

掘ること数時間。。。斜面から染み出た水が、排水路に集まってきて、勢いよく流れ出しました。やたー! このまま川まで余分な水を運んでおくれ。

91C95F0D-BD0C-4105-9B51-EBC014E16C65


F69E1EAF-5739-49AF-8898-D31EAD6DF379

そして、達成感の後に残されたのは。。。

ドロだらけの作業服

1FF62BAC-0614-457E-B9AB-750637344690

帽子も汚い!

71E76C54-06BB-49AE-A30A-0F862B71963D

首に巻いていたタオルも、顔にドロがはねた時に拭いたので、はじっこがドロドロに!

83744B48-D6C9-4D86-9D97-1CA48CC48D45

これはもう、玄関でパンツ一丁(いっちょ)になるしかないです(写真自粛)。

こんなふうに、雨上がりの作業では特に汚れてしまいますが、別に雨上がりでなくても農家の仕事は基本毎日汚れます。家に入る時気を付けていても、畳に足跡が付いたり、床に草や枝が落ちていたりは、もう日常茶飯事です。

2B776FBA-28E4-4A5D-93C1-51A39E8283C7

(靴下も脱いでから上がってるんだけどな~)

そもそも農家は、畑で掘ったばかりの野菜を家に持ち込むことが多いので、台所もすぐにザラザラになります。困ったものです。

8C3BA644-504F-4A01-A800-ED72D5830587

(だからお勝手にはいつも新聞紙を敷いている)

洗濯がさらにうんざりポイント。他のものと別洗いにするのは当然ながら、ドロ汚れがあるものをいきなり洗濯機に入れるのは抵抗があるし、汚れも落ち切らないので、先に手洗いするのですが

8268BDE5-ADCC-4749-B945-F78A5F7685A8

(必需品)

めんどくさいし、洗面シンクも汚れるし。。。で、「明日でいいや 」と後回しにしていると、脱衣場全体が汗臭~くなってきます。下手したら作業服と一緒にアリさんやコオロギなどを連れて帰って来て、脱衣場で這ってるのを見かけることもあります。

4c2071c7-s.jpg

真夏はと言うと、午前中働く→シャワーを浴びて着替える→午後働く→シャワーを浴びて着替える と、複数回着替えるので、手洗いする枚数も増えて大変でした。世の野球部やサッカー部のお子さんがいるご家庭の気持ちが分かったかも。

そういえば、田舎暮らしでは、ちょっと洗濯物を干すとかゴミ捨てに行く時などに履くサンダルで失敗します。つま先があいているデザインだったり、靴底が薄かったりすると、舗装されていない場所が多いので、ドロがサンダル内に侵入してきます。

EE93BFCC-F807-4856-8311-218E67697F32

(このようなメッシュのサンダルは不可)

そんなわけで、農家には汚い悩みが尽きないのですが、こんな汚い暮らしをしていても病気になることはないので、人間て意外と汚なくても大丈夫な生き物なんだなと妙に感心。おかげで、私も前より大らかな性格になったかもしれません!?

これから農家になる方も、農家の汚さにすぐ慣れると思いますよ(先輩風)。それではまた。

01BCA700-416E-475D-BB36-B77FF416C18E



房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、下のランキングボタンのクリックをお願いいたします。

農家ランキングへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

福原 祐美

千葉県南房総市在住です。
内房線富浦駅から徒歩50分のところにある「福原農園」が仕事場、兼、住まいです。
アラフォーです。

IMG_0153[2]


房州びわを手にとる人に、「びわ農家がどんなことを考えて、どれぐらい手をかけてびわを育てているか」を遠くからでも知っていただけたらなあ、そして福原農園をもっと身近に感じていただけたら嬉しいなあという気持ちでおります。

また、20年くらい福祉のお仕事に就いていましたが、突如、自然豊かな南房総で就農することを思い立ち、色々あって嫁いでしまいました。

「対人のお仕事から作物を育てるお仕事へ」「都会の喧騒に囲まれた生活からTHE田舎暮らしへ」「独身貴族から農家の長男の嫁に」。。。といういくつもの転身を経て日々感じていることも、好き勝手に書こうと思っています。

色々な方と交流することでより人生は深まると考えておりますので、コメントはお気軽にどうぞ。いつでもお待ちしています。