FC2ブログ

古民家ノスタルジィ<竣工>

 2018房州びわのご注文受付は2018年1月1日より開始   福原農園のHPはこちらから


こんにちは。就農一年目の福原です。畑の冬野菜が元気に育っています。

IMG_4535

当農園は無農薬主義であるため、少し前までの畑の作物は、害虫たちに好き放題食べられていましたが。。。

IMG_4230

(カリフラワーをむしゃむしゃ)

今の時期は、さすがの害虫たちも寒さで活動停止。安心して収穫できるようになりました。

IMG_4520



さて、福原農園の母屋が、ようやく竣工を迎えようとしています。

改修工事は、今年7月から始まりましたが、長雨の影響で作業できない日が続き、押さえていたはずの職人さん達のスケジュールの調整も上手くいかず、予定していた工期が押せ押せになってしまったわけです。

IMG_4732

正確には、今日までに97パーセントくらいの工程が終了し、あとちょこっと間に合わなかったところがある感じです。畳も入ってないですし、壁も乾いていません。そういうわけで、年末年始は引き続き貸家で過ごし、年が明けてから引っ越すことにしました。

私としては、早く母屋に移りたくてウズウズしているのですが、工務店さんや職人さんたちに対するイライラや不満などは決してありません(ホントです!!)

IMG_4734

なぜって、この母屋。過去の記事(→こちら)でもご紹介させていただいた通り、かなりのくせ者なのです。

我々夫婦は、築300年と言われるこの農家屋敷を出来るだけ、古い趣きを残したまま保存しつつ住みたい という希望がありました。しかしながら、改修工事が進むにつれ、次々と難問が(工務店さんや職人さんたちに)降りかかって来たのです。

壊してみたら、思ったより土台の木が腐っていたとか

IMG_4528

(耐久性に難ありの柱は、新しい木材に変更)

ずっと使いたかった建具の傷みが激しくて、代替品を用意せざるをえなかったり

IMG_4764

(ガラス部分は再利用し、昔の雰囲気は残してくれた)

梁がかっこいいから残そうとしたら、既存サイズの扉が入らないとか

IMG_4747

(特注サイズのドアを発注。そして、まだ届かず。。。)

梁があるから小さな窓しか設置できず、部屋が暗くなってしまうとか

IMG_4729

(天井をぶち抜いて、梁の上に明り取りの窓をもうひとつ付けてもらった)

。。。とまぁ、キリがないくらいです。

特に困難を極めたのが、意外にも玄関だったそうで。元々あった農家屋敷の玄関はこんな感じ。

IMG_1252

オープンでウエルカムな印象ですが、障子を開けたらすぐに居間、という形は防犯上の問題がありました。もちろん、サッシがないので風もびゅーびゅー入りました。

これに、(最近、戸締りしない田舎の家を狙った空き巣もいるので)家の中と外をしっかり仕切ってくれる玄関部分を増築することになったのですが

IMG_4479

300年前からある屋根に現代の木材、現代の寸法で作ったミニ屋根をくっ付けて、違和感のないよう融合させるという技術はかなり難易度が高いそうで。。。

IMG_4542

(確かに、素人が見ても難しそうだ)

他にも、急いでるっちゅうのに、ご迷惑ご面倒をおかけした点が多々あり、とにかく職人さん泣かせのこの建物を立派に住めるようにしていただいて、心からお礼を申し上げたいのです。この場をお借りして、携わってくださった皆さま、本当にお世話になりました。

※改修を依頼した仁・幸夢店さんのブログでも「古民家再生事例」として紹介されました(→こちら)。

IMG_4757

(洗面ボールをこだわってびわ色にした)

また同時に、私が深く感謝の気持ちを伝えたいのは、家族なんです。

この母屋。ここ数十年は、住居として使っていませんでしたが、お義父さんが生まれ育った家であり、お義母さんが嫁に来て子どもを産み育てた場所であり、夫や夫の兄弟たちからしても思い出深い我が家に違いありません。

IMG_4754

さらに、福原農園にとっても、遊びに来てくれたお客さまや友人知人をお泊めしたり、農業体験に来た研修生の宿泊場所として活用したり、重要な存在意義を持つ場所でした。

IMG_1260

その建物を、最近嫁いできた長男の嫁が好き勝手改造しても、何一つ意見したり、反対したりされたことはなく、「どうぞ、夫婦が暮らしやすいようにするといいよ」と快く言ってくださいました。とてもありがたいことではないでしょうか。

IMG_4752

(親戚内覧会?)

その結果、歴史ある風情使い勝手が見事に同居した?新居に変身したと思います。

IMG_4761

(和室に向かうカウンターキッチン)

新築の家は完成した時が一番美しいものですが、古民家の場合、年月が経てば経つほど味わいが増していきます。それを楽しみながら大切に住んでいくつもりです。

IMG_3589

(元は白木だったが、囲炉裏の灰ですすけて黒くなった梁)

外界を遮断する玄関ができたとしても、私が来るまでの母屋がそうだったように、訪れた人がほっとできる、そして、福原農園に関わる人同士が心を通わせられる場所であり続けられるように努めていきたいと思います。

お近くにお越しの際は、ぜひお茶でも飲みにお寄りくださいませ。そして、来年も福原農園及びこのブログをよろしくお願いいたします。皆さま、どうぞ良い年をお迎えくださいね。

IMG_4758



房州びわと山の幸 福原農園のHPはこちらから

よろしければ、下のランキングボタンのクリックをお願いいたします。

農家ランキングへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

楽しみにしてます

素敵!古さと新しさの融合!お邪魔できる日を楽しみにしています。

新年から温かいメッセージありがとう!
年末の再会に、母屋の完成が間に合わなくてゴメンね‼︎ ぜひご家族で遊びに来てください。息子2人、木登り得意そうだな。。。