FC2ブログ

困難を乗り切る、農家の「新しい様式」

こんにちは。激しい風雨が続いて、思うように農作業が出来ずにいる福原です。

A5796122-E931-4415-BBAB-4315B0DF157A

(びわの木につかまるアマガエル

すっかり収穫し忘れていたレモン。。。

8929194C-682F-4491-A6CF-5037084D2AB5

(巨大化してしまった)

薄い輪切りにしてグラニュー糖で煮詰めると

434150F4-1897-404F-980B-96AF1421BD64

光り輝くコンポートになりました。疲労回復に期待です。

AAE1938F-DE6C-4A36-A6B9-62D9CB4F0A04

(トーストやドリンクでいただく)

さて、前回の記事に引き続き、今回も6月のびわのシーズンを振り返らせていただきます。

今年は、房州びわ農家にとって、令和元年台風の被害による「収穫量激減」に加え、コロナウイルス禍における「自粛要請」という二つの困難な状況が重なりました。
農園の台風からの立て直しについては→過去の記事 こちら

977E6A51-4BAD-42D2-BD2E-A86214E0BCBE

(裸びわ。そもそも収穫を諦めて、袋かけをしない農家さんもいた)

売る物が少なくて、お客さんも呼びづらい状況なら、農家にとってはちょうどいいじゃん 」となりそうなもんですが、意外とそこまで単純な話でもなかったのでした。

台風を乗り越えて大事に育ててきたからこそ、一人でも多くのお客様に味わってもらいたい 」。そのために、小さな農園が約一ヶ月の間にどんな試行錯誤をしたのか、何とな~く想像してもらえたら嬉しいです。

まず、第一の課題は、全国発送のびわ(贈答用)でした。

箱びわ(4L)

毎年予約注文制にしており、3月〜4月にほとんどの注文を取り終わっている状況でした。すでに代金をいただいているわけなので、何としても注文分は無事に発送完了する必要があります。

しかし、とれるびわの内訳(どのサイズのびわが多いか少ないか、どの山、どの品種の出来が良いか悪いか)は、もいでみるまで掴めないことが多く、思わぬ害獣被害や季節外れの台風により、収穫量が予測を下回ったという過去の経験も頭をかすめました。

0A842833-EF81-43AE-93EC-B22BD82FD4C6

(びわを狙う獣の足跡)

収穫量が少なくなることは当然分かっていたことですから、あらかじめ確実な数字を決めて早めに注文を締めきってはいるけれど、それでも、どんなに準備したって”安心”ということがない のが農家の仕事だったりします。

よって、予約注文分のびわの発送完了の目処が立つまでは、お客さまに農園へ直接買い物に来ていただく直売コーナーについて、「何日頃からオープン出来るのか 」「今年はどれくらい商品を並べられるか 」も決めることが難しいのでした。

1C8D844D-FE92-4AD9-B5BB-4C9E77E40D33

(豊作の年が懐かしい。。。)

しかし、5月に入ると、国の緊急事態宣言下(不要不急の外出、遠方への移動は自粛)であっても、お客さまから「お宅にびわを買いに行きたいんだけど 」というお問い合わせは日に日に増えていき。。。

お客さまの「窮地の農園を助けたい 」「今年もまた旬のびわを食べたい」という ありがたいお気持ちに応えたい一方で、いつもの年と同じように「びわの販売、そろそろ始めまーす 」と積極的に宣伝しても良いものか❓❓ そして実際、販売するものがそんなにあるのだろうか❓❓ 悩みは尽きませんでした。

さらに、当園では例年、直売コーナーと同じ場所で、びわの食べ放題を開催しています。食べ放題は、一部に傷や傷みがあり、贈答用の箱に詰められないびわ(B級品)をカゴに山盛りにして提供させていただくサービス。

CEED9E2F-293D-41AB-A45D-D03E5B3F1475

収穫のプロであるびわ農家自身が、熟して今が一番食べ時というタイミングでもいでいるので、「見た目は悪いけれど、味は文句なしのびわが、安い値段でお腹いっぱい食べられる 」とご好評をいただいております。

提供側からしても、「B級だって美味しいんだから、ちゃんと食べてもらいたい 」という思惑があります。
食べ放題に関してもっと詳しく→過去の記事 こちら

しかしながら、びわを食べる時には、当然マスクは外しますよね。皮と種という生ゴミが出ます。果汁もテーブルに垂れます。ベタベタになった手を洗うため、蛇口をひねります。
shinpai_woman.png
このコロナ禍に、わざわざ農園内で「食べるという行為 」を推奨した結果、もしクラスターが発生してしまったら。。。そりゃぁ大変なことになっちゃうでしょう。

千葉県のHPを見ても、農園は休業要請の対象ではないし、どこかの農園の直売所でクラスターが発生した例なんて聞かないけれど、でも、直売と食べ放題を実施するとなると、当然県内外からお客様が集まってきます。

直売コーナーや食べ放題の開催場所は、農園の大きな倉庫

BD494B37-596D-4576-8466-F4F3415E40C5

半屋外とは言え、お客さまが集まり過ぎれば「」になりえます。接客を担当してくれるパートさんの健康を守らねばならないという責任があるし、県外ナンバーの車がたくさん押し寄せれば、ご近所にも不安な思いをさせてしまうに違いありません。

なかなか結論は出ませんでした。

FB7626A6-0E08-4E57-8C2A-53FBA1CC60D9

(いっそ、今年は農園に足を運んでもらうことを諦めるか。。。)

綺麗なびわが足りなかったらどうしようという心配だけでも心が張り裂けそうなのに、お客様にも会えず、B級のびわが大量に廃棄にせざるをえない状況を想像したら、「あの台風の後、頑張ってきてこれかい!! 」という悔しさも溢れてくるのでした。

そんな中、5月下旬、ついに緊急事態宣言が全面解除されました。色々なリスクはあるけれど、最大限の感染防止対策を行って、今年作ったびわを一つも無駄にせずお客様の手に!! 心は決まりました。

20180321210425.png
(賽は投げられた)

私達は、急ピッチで、びわの直売コーナー及び食べ放題の実施方法の具体的な検討を始めました。

農家の直売コーナーでは前代未聞かもしれませんが、商品の少なさと、密を避ける目的から、ネットでの事前予約者のみということにしました。お買い物の前にびわの試食は付き物ですが、それもなしにさせていただきました。

D10CD6B0-B834-48CE-A492-D1C060EBE3C4

食べ放題については、テーブルは対面式にせず、全員山を眺めながらの新しいスタイルに。

FDC470F8-C87D-4DC6-82DB-B35A5B42D0C3

(これはこれで気持ち良いのです)

テーブルを離して置いて、ソーシャルディスタンスを確保。

75A9F324-6B32-4B12-A80B-C66339B6B456


お手拭きに使うウエットティッシュはご自宅から持参していただき、生ごみの片付けやテーブル拭きもセルフサービスでお願いしました。

完全予約制にしたことで、多くのお客様が同時刻に集まることはありませんでした(食べ放題をお断りしたお客様には、大変申し訳ない。来年はぜひお待ちしております)。

E4636AA5-2063-4BF9-8612-8495D8524D1F

例年に比べたら、ルールばかりで窮屈な農園と言われても仕方がないのですが、お客様からはご不満の声を聴くどころか、「今年はびわが食べられないかと思ってハラハラしたけど、勇気を持って、実施してくれて良かった 」と喜んでくださる方が多かったんです。

しかも、今回、直売コーナーや食べ放題で取り入れた工夫により、「こうすればスタッフの負担軽減やコストカットに繋がるのか~ 」という気付きが生まれ、農園サイドにも驚きの業務改善効果があったのでした。

089E116E-A50C-4A4A-9439-ADB42F03C604

(アルコール消毒液は、手をかざせば出るタイプを用意)

おかげさまで、今年もなんとかびわは足り(けっこうギリギリでしたが)、逆に廃棄することもなく、短いシーズンを笑って終えることができました。今年のシーズンに農園を訪れてくださったお客様には、心からお伝えしたいです。特別な販売スタイルへのご協力、本当にありがとうございました。

以上が、今年の顛末でした。一農園の奮闘ぶりを最後までお読みいただき、感謝申し上げます。まだまだ続いているコロナ危機ですが、今後も気を付けてまいりましょう。それではまた。

CD448CE1-93CF-4403-BC74-A29FA30A9C23



 2020房州びわで作ったジャムの注文受付中です  福原農園のHPはこちらから

農家ブログランキングで今何位? ⇒ よろしければ、下のボタンのクリックをお願いします。

農家ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント